【映画】2017年キネマ旬報ベスト・テン発表!



1:名無しさん:2018/01/11(木) 19:06:12.75 ID:CAP_USER9.net
映画雑誌「キネマ旬報」は11日、2017年に公開された作品のベスト・テン個人賞を発表した。



日本映画の1位は、東京の片隅で生きる若者を活写した石井裕也監督の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」が選ばれた。ベスト・テンと受賞者は次の通り。

【日本映画】
①夜空はいつでも最高密度の青色だ
②花筐/HANAGATAMI
③あゝ、荒野
④幼な子われらに生まれ
⑤散歩する侵略者
⑥バンコクナイツ
⑦彼女の人生は間違いじゃない
⑧三度目の殺人
⑨彼女がその名を知らない鳥たち
⑩彼らが本気で編むときは、


【外国映画】
①わたしは、ダニエル・ブレイク
②パターソン
③マンチェスター・バイ・ザ・シー
④ダンケルク
⑤立ち去った女
⑥沈黙―サイレンス―
⑦希望のかなた
⑧ドリーム
⑨ムーンライト
⑩ラ・ラ・ランド


【文化映画】
①人生フルーツ


【個人賞】
▽日本映画監督=大林宣彦(花筐/HANAGATAMI)
▽同脚本=石井裕也(夜空はいつでも最高密度の青色だ)
▽主演女優=蒼井優(彼女がその名を知らない鳥たち)
▽主演男優=菅田将暉(あゝ、荒野など)
▽助演女優=田中麗奈(幼な子われらに生まれ)
▽助演男優=ヤン・イクチュン(あゝ、荒野)
▽新人女優=石橋静河(映画 夜空はいつでも最高密度の青色だなど)
▽新人男優=山田涼介(ナミヤ雑貨店の奇蹟など)
▽外国映画監督=ケン・ローチ(わたしは、ダニエル・ブレイク)

https://www.asahi.com/articles/ASL1C4C92L1CULZU001.html


3:名無しさん:2018/01/11(木) 19:06:52.19 ID:iGFl8aMD0.net
山田涼介「ハガレンは?」
35:名無しさん:2018/01/11(木) 19:45:35.30 ID:4D7MiNqW0.net
>>3
例えヒットしててもキネ旬はそういうの入らないからw
6:名無しさん:2018/01/11(木) 19:08:50.95 ID:gsMfpJmE0.net
誰も観てないだろうけど映画通で意識の高いオレっちはこういうのがいいんだ大賞
28:名無しさん:2018/01/11(木) 19:27:06.24 ID:kRLmrjWG0.net
>>6
これ
257:名無しさん:2018/01/11(木) 23:36:41.27 ID:81mqpMnv0.net
>>6
まさにそれ
興収上位が一つもないとか自慰賞でしかない
283:名無しさん:2018/01/12(金) 00:25:29.32 ID:9v+ckhKm0.net
>>257
馬鹿晒すなよw
興行収入と質は比例しないからw
305:名無しさん:2018/01/12(金) 02:13:37.99 ID:F6se66TP0.net
>>257
興行的によい=良い映画 ではないんだな
ドラえもんやジャニーズコンサート劇場版が興行収入1位で幾ら人を集めようが
=今年の日本映画ベストテンにゃならねんだよサル ~坂握手会映画だのな
265:名無しさん:2018/01/11(木) 23:53:39.00 ID:hHbe7WZZ0.net
>>257
>興収上位が一つもないとか自慰賞でしかない

上映館数が平等じゃないからさ
272:名無しさん:2018/01/12(金) 00:01:21.55 ID:JD7VSWT/0.net
>>257
そもそも興行収入てほとんど宣伝広告費で決まるからこそ興行収入とは無関係の人が選んだランキングに価値があるんだろ
アスペだろお前
287:名無しさん:2018/01/12(金) 00:30:09.26 ID:oixDWLDK0.net
>>272
こういう事を言ってる奴は興行収入ランキングのスレだとクソみたいな映画しか無いなwとか言ってる
ただ、何かに文句つけて自分が偉い人間だと思い込みたいだけ
8:名無しさん:2018/01/11(木) 19:09:50.04 ID:x5lRWKsb0.net
キッモいタイトルで草
10:名無しさん:2018/01/11(木) 19:10:01.14 ID:As3OWeab0.net
毎回知らない映画ばっかだなww
まあ狭い世界でよろしくやっててくれ
11:名無しさん:2018/01/11(木) 19:10:26.32 ID:wJsMslVr0.net
タイトル長いの多すぎ問題
250:名無しさん:2018/01/11(木) 23:01:13.05 ID:iDdwLloZ0.net
>>11
90年代の曲タイトルと同じ匂いがするw
15:名無しさん:2018/01/11(木) 19:13:42.34 ID:/7J8y0MtO.net
ラノベか中二病みたいなタイトルだけで見る気しない。
12:名無しさん:2018/01/11(木) 19:11:30.27 ID:0st1A9ya0.net
日本映画の方は本当にわからん
16:名無しさん:2018/01/11(木) 19:13:47.76 ID:PF6WU3Mt0.net
日本映画の方は見事に一本も見てないわ
513:名無しさん:2018/01/12(金) 20:51:55.17 ID:eQUaeRhu0.net
>>12 >>16
今どき洋画見てる人もアメリカ崇拝者かミーハーしかいないでしょ
だいたいね、
アメリカ映画は年々質が低下していて見る価値がない作品ばかりになっている
大体ヒットするのは
・ヲタク向けのアメコミ実写
・子供向けCGアニメ
・過去ヒット作の続編やリメイク
こういった作品しか興行として成功できなくなっているが
それすらも駄作揃いなんだよね
535:名無しさん:2018/01/12(金) 21:07:14.08 ID:rXzTyYl00.net
>>513
アメリカ映画が駄作だったら、日本映画なんか作ってはいけないレベルばっかりだぞww
549:名無しさん:2018/01/12(金) 21:11:52.07 ID:eQUaeRhu0.net
>>535
アメリカは予算があるから壮大風に見せかけてるだけで中身空っぽ
見栄えだけよくもしょうがないでしょ(笑
560:名無しさん:2018/01/12(金) 21:15:46.64 ID:1TKobogF0.net
>>549
>壮大風に見せかけてるだけで中身空っぽ
君の名はや近年の宮崎作品にも当てはまるな、それw
554:名無しさん:2018/01/12(金) 21:13:19.58 ID:rXzTyYl00.net
>>549
映画なんだから、見栄えがいい方がいいじゃん。
19:名無しさん:2018/01/11(木) 19:16:49.44 ID:iF/hHhgY0.net
意識高い俺かっけー
商業的に成功した作品認めない俺かっけー
40:名無しさん:2018/01/11(木) 19:56:46.22 ID:K15g+kAN0.net
>>19
一番の問題は、意識は高いが知的にも見えないって事なんだよな
今時キネ旬読んでますなんて、他に読むもんないのwって笑われそう
27:名無しさん:2018/01/11(木) 19:24:46.95 ID:KBNutlZK0.net
ダニエルブレイク観たよ。
イギリスの貧困層の話だった。
真面目に働いてきたが働けなくなった人や弱者に国は冷たいという内容だった。
社会保障の手続きがあまりに複雑難解で簡単には受給できないシステムらしいな。
これを随分と批判する内容だけど、どうしてそうなのかという説明がなかったな。
たぶん移民の不正な社会保険受給を説明しなきゃならないからかも。

そのへんの不公平感を描かないとピンとこないよな。
で、なんでこれがベストワンなの?
729:名無しさん:2018/01/13(土) 10:59:24.68 ID:sqbNJmnL0.net
>>27
それがキネ旬の安っぽさ
社会的弱者テーマならなんでも一位
30:名無しさん:2018/01/11(木) 19:32:36.71 ID:DoBjYUdV0.net
当時大コケしたトトロ1位にしたり
クレしん映画=泣けるが定着する前のオトナ帝国を1位にしたり
お前らよりはるかに見識あるよこの雑誌
59:名無しさん:2018/01/11(木) 20:24:12.26 ID:zR3dredY0.net
>>30
「オトナ帝国」を1位にしたって何のことだろう
映画秘宝のベストテンと勘違いしていないか?

キネ旬でクレしんに意地になって投票していたのは
三留まゆみくらいで、オトナ帝国の年のキネ旬ベストは
こういうラインナップ。
1位は在日コリアンを描いた「GO」

第75回(2001年/平成13年) キネマ旬報ベスト・テン

1位 GO
2位 ハッシュ!
3位 千と千尋の神隠し
4位 EUREKA(ユリイカ)
5位 風花
6位 リリイ・シュシュのすべて
7位 まぶだち
8位 ウォーターボーイズ
9位 光の雨
10位 赤い橋の下のぬるい水
274:名無しさん:2018/01/12(金) 00:06:15.57 ID:1P7uu9Y50.net
>>59
わぁ、なつかしいなー!!
85:名無しさん:2018/01/11(木) 20:50:40.35 ID:bDAGT+TI0.net
>>59
それでも当時はまだウォーターボーイズ入れるくらいには若者向けも好きだったんだな
今はさらに動脈硬化起こしてるな
ぼくは明日、昨日のきみとデートするとか良かったけどな
91:名無しさん:2018/01/11(木) 20:54:57.20 ID:HSxJVB1w0.net
>>85
ぼく明日は、今回のベストテンの選考対象作品なの?
117:名無しさん:2018/01/11(木) 21:21:34.35 ID:NF1iuBol0.net
>>85
役者部門はけっこう若い人に賞やってるんだけどな
評価されるのははジメっとした文学作品が多いな
36:名無しさん:2018/01/11(木) 19:46:17.16 ID:SuHnO/RJ0.net
去年に比べて小粒ばかり
37:名無しさん:2018/01/11(木) 19:50:01.73 ID:i1Z1YuVF0.net
沈黙凄く見たいんだけど拷問の描写が激しいと聞いて迷ってる
39:名無しさん:2018/01/11(木) 19:56:33.42 ID:IoMY5rrM0.net
大手の作品は低俗でクソしか生まないし、かといって単館系はアート系に寄りすぎているし…
程よい中間の作品が万人受けして良いと思うけど、中々上手くいかないねぇ。
41:名無しさん:2018/01/11(木) 20:00:16.22 ID:zR3dredY0.net
■ 近年のキネ旬日本映画一位作品


2017年 (第91回)  映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
2017年 (第90回)  この世界の片隅に

2015年 (第89回)  恋人たち
2014年 (第88回)  そこのみにて光輝く
2013年 (第87回)  ペコロスの母に会いに行く
2012年 (第86回)  かぞくのくに
2011年 (第85回)  一枚のハガキ

2010年 (第84回)  悪人
2009年 (第83回)  ディア・ドクター
2008年 (第82回)  おくりびと
2007年 (第81回)  それでもボクはやってない
2006年 (第80回)  フラガール
2005年 (第79回)  パッチギ!

2004年 (第78回)  誰も知らない
2003年 (第77回)  美しい夏キリシマ
2002年 (第76回)  たそがれ清兵衛
2001年 (第75回)  GO
2000年 (第74回)  顔
1999年 (第73回)  あ、春
311:名無しさん:2018/01/12(金) 02:31:00.66 ID:G3+tOFN90.net
>>41
2011年から知らない映画ばっかり
かなり映画から離れている自分に気がついた
45:名無しさん:2018/01/11(木) 20:02:11.63 ID:zR3dredY0.net
2016年度 第90回キネマ旬報ベストテン

①この世界の片隅に
②シン・ゴジラ
③淵に立つ
④ディストラクション・ベイビーズ
⑤永い言い訳
⑥リップヴァンウィンクルの花嫁
⑦湯を沸かすほどの熱い愛
⑧クリーピー 偽りの隣人
⑨オーバー・フェンス
⑩怒り
42:名無しさん:2018/01/11(木) 20:01:20.24 ID:zR3dredY0.net
■ 2015年 第89回 キネ旬日本映画ベストテン

1位  恋人たち
2位  野火
3位  ハッピーアワー
4位  海街diary
5位  岸辺の旅
6位  GONIN サーガ
7位  この国の空
8位  ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判
9位  母と暮せば
10位 きみはいい子
10位 ローリング

■ 2014年 第88回 キネ旬日本映画ベストテン

1位 そこのみにて光輝く
2位 0.5ミリ
3位 紙の月
4位 野のなななのか
5位 ぼくたちの家族
6位 小さいおうち
7位 私の男
8位 百円の恋
9位 水の声を聞く
10位 ニシノユキヒコの恋と冒険
10位 蜩ノ記
67:名無しさん:2018/01/11(木) 20:32:01.24 ID:zR3dredY0.net
■ 2013年 第87回 キネ旬日本映画ベストテン

1位 ペコロスの母に会いに行く
2位 舟を編む
3位 凶悪
4位 かぐや姫の物語
5位 共喰い
6位 そして父になる
7位 風立ちぬ
8位 さよなら渓谷
9位 もらとりあむタマ子
10位 フラッシュバックメモリーズ3D


■ 2012年 第86回 キネ旬日本映画ベストテン

1位 かぞくのくに
2位 桐島、部活やめるってよ
3位 アウトレイジ ビヨンド
4位 終の信託
5位 苦役列車
6位 わが母の記
7位 ふがいない僕は空を見た
8位 鍵泥棒のメソッド
9位 希望の国
10位 夢売るふたり
68:名無しさん:2018/01/11(木) 20:32:35.54 ID:zR3dredY0.net
■ 2011年 第85回 キネ旬日本映画ベストテン

1位 一枚のハガキ
2位 大鹿村騒動記
3位 冷たい熱帯魚
4位 まほろ駅前多田便利軒
5位 八日目の蝉 (蝉の文字は旧字です)
6位 サウダーヂ
7位 東京公園
7位 モテキ
9位 マイ・バック・ページ
10位 探偵はBARにいる

■ 2010年 第84回 キネ旬日本映画ベストテン

1位 悪人
2位 告白
3位 ヘヴンズ ストーリー
4位 十三人の刺客
5位 川の底からこんにちは
6位 キャタピラー
7位 必死剣鳥刺し
8位 ヒーローショー
9位 海炭市叙景
10位 ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う
55:名無しさん:2018/01/11(木) 20:16:51.27 ID:5+ajprwt0.net
面白い、楽しい、悲しい、何か映画が見たいけど、
何をみていいかわからない。

そんな時はアカデミーやカンヌ、ベネチアとかを参考にしないで
キネマ旬報の順位をみて選ぶとハズレのない映画が見れる。
日本映画は昭和20年代、30年代あたりは
いま以上に素晴らしい作品がたくさんある。
65:名無しさん:2018/01/11(木) 20:28:42.16 ID:fTJpIylz0.net
意識高い系なんだろうな
ということだけは伝わってきた