米軍 F35戦闘機2機が嘉手納に着陸⇒来月から半年間「F35A」12機と要員300人を派遣

★米軍 F35戦闘機2機が嘉手納に着陸
 NHK 10月30日 17時31分
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011204341000.html
 okinawadVXmsNf_.jpg

アメリカ軍の最新鋭のステルス戦闘機
「F35A」の2機
が30日午後、
沖縄県の嘉手納基地に着陸しました。
アメリカ軍は今後半年間、
この戦闘機を12機、嘉手納基地に派遣する
と発表していて、

北朝鮮へのけん制を強める狙いがある
と見られます。
沖縄県のアメリカ軍嘉手納基地には、
30日午後2時半ごろ、最新鋭のステルス戦闘機
「F35A」の2機が相次いで着陸しました。

アメリカ軍は、
西部ユタ州の基地に配備されている
空軍の「F35A」12機と要員300人を、
来月から半年間、嘉手納基地に派遣する

発表していて、沖縄防衛局によりますと
30日に飛来したのはこのうちの2機と見られる
ということです。

嘉手納基地に「F35A」の部隊が派遣されるのは
初めてで、最新鋭機を展開することで
北朝鮮への軍事的なけん制を強める狙いがある
と見られます。

一方、嘉手納基地にはこれ以外にも
ほかの基地からのいわゆる「外来機」が数多く
飛来していて、
地元では基地の機能強化につながると
反発が強まることが予想されます。

(引用ここまで)


北朝鮮に対する牽制だけでなく
中国に対する牽制も?


 seiji011.jpg


だから中国は、
沖縄の世論工作に鳩山由紀夫を起用!?


★東アジア共同体を謳う鳩山元総理
 「中国・北朝鮮から
  日本を攻撃されないように、琉球独立!
  沖縄だけでなく
  日本全国の米軍基地を減らそう」

 韓流研究室 2017 10 28 
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-5239.html




北朝鮮の脅威は報道しても
中国の脅威は、TVからは伝わらない…


★中国軍機の活動急増、
 日本と台湾、共通の“脅威”に

 2017.10.29
 http://www.nippon.com/ja/column/g00448/#.WfZ9mo4BaM8.twitter
(引用開始)
中国軍機が飛行範囲を拡大

中国軍機に対する航空自衛隊の緊急発進は、
中国が一方的に「東シナ海防空識別区」(中国版ADIZ)
を設定して以降、増加の一途をたどっている。
航空自衛隊の緊急発進も、中国版ADIZの空域内外に
対応したものが圧倒的に多い。
2012年度の中国機に対する航空自衛隊の
緊急発進回数は306回で、ロシアの248回を
上回っていたが、
15年度には571回、16年度には851回を数えた
(統合幕僚監部発表)。

数字的には激増と表現して過言はないだろう。

しかし中国空軍に関しては、
飛行回数の増加だけでなく、
注意を払うべき事態が進行中だ。
経路と飛行する軍用機の種類の多様化である。

(中略)
日本にとって注視すべき新たな中国空軍の
飛行事例がある。
一つは対馬と九州の間を通過して日本海に北上し
往復した
16年8月18、19日の動きだ。
この時は両日ともに
Y-8早期警戒機1機とH-6爆撃機2機
の組み合わせだった。
もう一つは
17年8月24日のH-6爆撃機6機
宮古海峡から西太平洋に出て
南西諸島東側を北上し、
紀伊半島沖までを往復した
事例である。


いずれも、
これまでの中国空軍にはなかった飛行経路である。
こうした中国空軍の飛行経路の多様化に、
注意を払わなければならないのは
日本だけではない。

(中略)
17年7月には台湾海峡中間線に沿って
H-6爆撃機が飛行したことも、
台湾にとってこれまでにない中国空軍の動向で、
脅威と捉えられている。

海・空軍に加えて
中国ロケット軍のミサイル戦力の強化
も含めると、台湾本島は単にミサイルの射程や
戦闘機の戦闘行動半径内に位置している
だけではなく、訓練・演習レベルでも
完全に中国軍の行動半径内に
組み込まれた形となっている。

こうした軍事力の強化は、
中国が「中華民族の偉大な復興という中国の夢」を
実現する過程であることを踏まえれば、得心がいく。
中国にとって、台湾問題は「核心問題」であり、
内政問題だとの立場からすればなおさらだ。
付言すれば、
台湾を中国が手中に収めることができれば
第一列島線上に不沈空母を持つに等しい。
台湾統一という中国の政治的な悲願の達成は、
軍事的にも圧倒的なアドバンテージを
中国に与えることになる。


(全文はリンク先で)


 chinaokinawa06.jpg




★北方領土を越えて 
 千島列島での軍事力強化が示唆する
 日本への「シグナル」

 小泉悠  | 軍事アナリスト  10/30(月)
 https://news.yahoo.co.jp/byline/koizumiyu/20171030-00077555/
(引用開始)
なかでも昨年11月には、
両島に新型地対艦ミサイルが配備されたことが
明らかになったほか、
今年2月にはショイグ国防相が
「クリル列島」(北方領土と千島列島をまとめて
指すロシア側の呼称)に1個師団を配備する
と発言して話題となった。
さらに今年6月、プーチン大統領は
北方領土駐留ロシア軍を東アジアにおける
米軍事プレゼンスへの対抗措置として
位置づける
など、
北方領土の軍事的価値をプレイアップする
ことで日本側に揺さぶりを掛けている。


 これ以外にも、北方領土では
ロシア軍基地の近代化が進められており、
老朽化した基地施設に代わる新たな建造物が
活発に建設されていることが衛星画像で確認できる。

(引用ここまで)




日本のメディアが
「モリカケ」を叫んでアベ打倒を目論む中、
中国とロシアが
日本列島を挟み撃ち状態なんですけど…


 chinaokinawa02.jpg


国会で、与野党関係なく
きちんと現実的な自国防衛
話し合って欲しいのだけど…


 seiji012.jpg

民進党時代の馬鹿馬鹿しい
「反対プラカード・パフォーマンス」をしたら
立憲の支持率も、民進党と同じ運命をたどる。

枝野代表の真価が問われるな。





政治ランキング