ハロウィン

どうも。

三流亭まん丸でございます。



今年も、東京・渋谷のスクランブル交差点に
ハロウィン仮装した若者達が殺到し
大騒動になったそうで。


「あれ? 課長じゃないっすか!」
「・・・やぁ」
「課長も渋谷に来るなんて意外ですね。」
「・・・ま、まぁね。」
「しかも坊さんの仮装までして。」
「・・・どうだ?」
「そのハゲかつら、ちょーリアルですよ。」
「・・・頭は、ふだん仮装してるんだ。」


えええっ?!




さて、ハロウィンには、
ちっちゃい子供たちが仮装して各家を回り、
おかしをおねだりする風習があるそうですねぇ。


ピンポーン♪

「トリックオアトリート!」
「はい、おかしをどうぞ。」
「ありがとう。」



これがノーマルらしいんですけど、
これだけ世知辛く物騒な世の中で、
知らない子供たちが
いきなり家に押しかけての「おかしくれ!」に、
なんの警戒心も抱かずに気軽に応じてしまうのは、
どう考えてもアブノーマルですよねぇ。(苦笑)

てなわけで。




ピンポーン♪

「・・・」
「・・・」
「・・・」
「・・・どうしたの?」
「おばさん、髪の毛、荒れてるね。」
「え?」
「髪、相当傷んでる。」
「そ、そうなのよ。」
「これ、使ってみてよ。」
「何、これ。」
「トリックオアトリートメント」
「御代はおかし?」
「定価10万円だけど、今なら8000円でいいよ。」


えええっ?!




ピンポーン♪

「おかしください。」
「あら、全身に包帯巻いちゃって。」
「大けがした人なの。」
「なるほどね。 では、合言葉をどうぞ。」
「デッドオアアライブ!」


えええっ?!




ピンポーン♪

「おかしください!」
「あら、あなた、もう大人じゃないの。」
「おかしください!」
「大人はダメよ。」
「おかしください! ・・・トイレを。」


えええっ?!




ピンポーン♪

「・・・」
「あれ? 合言葉は?」
「・・・」
「忘れちゃったかな?」
「・・・」
「ま、いいわ。 はい、おかしをどうぞ。」
「・・・」
「どうしたの?」
「・・・おばさん、僕のこと見えるの?」


えええっ?!




お父さんがセーラー服着たり
お母さんもセーラー服着たり
お姉ちゃんが女王様の格好したり
弟がカメムシになったりするハロウィン。

基本的には「ご自由にどうぞ」なんですけど、
興味が無い人達や関係ない周りの方々に
迷惑をかけない程度に楽しんでもらえれば、
と思いますねぇ。









ポチッとしていただけると嬉しいです。

   ↓       

にほんブログ村 お笑いブログへ
にほんブログ村