日本の政治「改革」が必要だが

昨日の午餐会で、慶応義塾大学院教授の話を聞いた。
「この顔ぶれだと学生のようにSNSなどで、あまり広まって貰いたくない話もできる」と
割に裏の話を聞かせて呉れた。
彼は小泉内閣の郵政改革に関わってきた経験があり、政党、内閣、官庁などの改革否定派の
手口に詳しい。
安倍さんをまだ攻めている加計(森友)は根拠のないものであり、言いがかりだが一部メディアが
徹底的に騒いだ。まだ騒いでいるが正真正銘まっしろだそうだ。

現在、日本で元気があるのは福岡市、地域規制緩和の起業の恩恵を受けている。

安倍さんのアベノミクスは財政出動の頼っており、構造改革による成長がおろそかだ。

アベノミクスは来年、再来年は見えてもその先の少子高齢化、福祉対策、財政などは
見えてない。

改革に否定的、消極的なのは既存の勢力、おどろくべきことに一部、メディアが野党を利して
おり自民党内、官庁にも反対派がいるので、画期的な規制緩和を実施する状況にはない。

選挙が突然、混乱した状況になり、一部メディアはあることないことで騒ぎ、民衆は踊らせられる。

なお小池党は「改革」の2字を入れている。具体的なものはないが。

日本の政治「改革」が必要だが

昨日の午餐会で、慶応義塾大学院教授の話を聞いた。
「この顔ぶれだと学生のようにSNSなどで、あまり広まって貰いたくない話もできる」と
割に裏の話を聞かせて呉れた。
彼は小泉内閣の郵政改革に関わってきた経験があり、政党、内閣、官庁などの改革否定派の
手口に詳しい。
安倍さんをまだ攻めている加計(森友)は根拠のないものであり、言いがかりだが一部メディアが
徹底的に騒いだ。まだ騒いでいるが正真正銘まっしろだそうだ。

現在、日本で元気があるのは福岡市、地域規制緩和の起業の恩恵を受けている。

安倍さんのアベノミクスは財政出動の頼っており、構造改革による成長がおろそかだ。

アベノミクスは来年、再来年は見えてもその先の少子高齢化、福祉対策、財政などは
見えてない。

改革に否定的、消極的なのは既存の勢力、おどろくべきことに一部、メディアが野党を利して
おり自民党内、官庁にも反対派がいるので、画期的な規制緩和を実施する状況にはない。

選挙が突然、混乱した状況になり、一部メディアはあることないことで騒ぎ、民衆は踊らせられる。

なお小池党は「改革」の2字を入れている。具体的なものはないが。