ロシア、化学兵器廃棄完了

 27日ウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアが保有する最後の化学兵器を同日中に廃棄すると発表し、「歴史的出来事」と自画自賛するとともに、米国が自国の化学兵器廃棄を先延ばししていると批判した。
 プーチン大統領は、テレビで放映された演説で「きょう、ロシアが保有する最後の化学兵器が破壊される」と発表した。「現代世界にさらなる均衡と安全をもたらすことに向け、大きく一歩前進した」と自画自賛した。
 ロシア最後の化学兵器はウドムルト地域のキスネル化学兵器廃棄施設で廃棄された。
 予定より3年も早かった。
 国連の化学兵器禁止機関(OPCW)は、ロシアの化学兵器破棄完了を「大変画期的なことだ」と歓迎している。
 また、プーチン大統領は、米国が国際的義務を十分に果たしていないとの批判を展開した。「残念ながら、化学兵器廃棄計画を守る義務を怠っている。既に廃棄計画を3回も延期した」と語った。
 OPCWは、ロシアの完全化学兵器廃棄をどうやって確認したのであろうか。
 プーチン大統領は、化学兵器廃棄を事実として、米国の遅れを批判する情報戦(プロパガンダ)の資料にすることになる。

注:「ロシア、化学兵器廃棄を完了プーチン氏、米国の計画延期を批判」http://www.afpbb.com/articles/-/3144627
  「世界の化学兵器90%廃棄」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65044106.html