とにかく老いたが実感

昨日、もどり車の鍵がない。
3人もの隊員が見送ってもらい、エンジンをかけ、止まらず家まで帰ってきた。隊にも電話したが一尉はないと、3人そばにいたら落ちたら気が付かない訳はない。

家内に頼んだ。
車を広いところに出し、ドアが大きく開くようにして僕の頭が入らないところ
を覗いてもらった。
果たして座席とコンソールの間に縦になってあった。
形状も箱だし、同じ色だから見ずらい。
取り出すのに苦労したが。

ハッピーエンド。
「おごりだね」と言われたが。

そういえば、スペアを使わずエンジンかかったから、キーはそばにあった
はずで、ワイ一尉に余計な心配をかけた。電話して報告した。

まあハードな一日で午前中は技術館の展示、昼は司令幹部と、そして午後、幹部候補生への講話をしたから。