そもそも政党ってなんだったっけ?

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
----------
民主党政権がなぜ失敗したか、理由はいっぱいありますが、
最大の理由は
「政権交代が目的であったこと」
これに尽きるのではないかと思います。

民主党は政権交代を果たしたその時点から崩壊が始まっていました。

旧社会党からの伝統である
「徹底して勉強せず遊んでいるだけ」
をしっかり守って馬鹿が余計に馬鹿になっていくのが民主党でした。

理性や知識は時に自分の暴走を制御する為に重要ですが、
不勉強という党の伝統文化によって我欲だけが突出してしまい、
党内で議論を行おうとすれば党が分裂しかねないレベルの言い争いになります。

彼らにとって議論というのが
「相手に俺の要求を100%飲ませること」
となってしまっているからです。

議論というのはそういうものではないのですが、
学生運動世代が党の中枢、
党事務局を社会党の頃からずっと握ってきたこともあり、
また民主党が依拠する特定アジアの声闘文化とも相まって
大声で押し切る事が議論となってしまっています。

民主党の幼稚さで党が分裂しかねない事に気付いた小沢一郎は
党を掌握してすぐに党内での政策議論を廃止しました。


昨日は小池党に野党結集みたいな話が流れたり、
前原が民進党(偽)を解党させようとしたりと、
情報が錯綜して多くの人が混乱したと思います。


前原誠司は安倍を倒す為なら何でもすると言っています。
で、安倍を倒した後はどうすんの?
というものはありません。

結局は「再び権力を握りたい」だけ、選挙に勝ちたいだけで言っているにすぎません。

一方で小池百合子も自分が女性初の総理になりたい。
そのためには都知事を投げ出す大義名分を作りたい。
解散までもう少しあるだろうからとにかく理由作りをしたい。
そう考えていたのでしょう。

ところが予想よりずっと早く解散が来てしまったわけです。

思わず口から出てしまった「大義が無い」は
「私が利用できる大義名分が無いじゃないのよ!」
という意味として受け取って良いでしょう。

選挙で勝ちたい。
総理になりたい。

こういう事だけが目的になっていて政策は完全に後回しとなっています。

一応、小池百合子は政策らしきものを発表しましたが、
徹底的に具体性のない抽象的なキーワードを使う事で
「どうとでも取れる政策」

「実現する気がなくて有権者の耳目を引きたいだけの政策」
でしかありません。

すごく基本的なところに立ち返りましょう。
「政党ってなんだっけ?」
です。
政策や政治目的を同じくする集団のはずです。

ところが
「選挙に当選したいがために人気のある人物を使って看板を立てて集まる選挙互助会」
という形になってしまっています。
民主党そのものが選挙互助会でしたから、
民進党(偽)系の連中にとってはこれが普通のことなのでしょうけど、
有権者を馬鹿にしている話です。

北朝鮮が日本にミサイルを撃ち込んでも
「森友、加計」
北朝鮮が核で日本を滅ぼすと、
実際に日本に核ミサイルを撃ち込めるぞと
日本列島越しにミサイルを撃ち込んできても
「森友、加計」

国家存亡の危機において民進党(偽)、共産党、社民党、自由党の4党がやってきたことは
ひたすら国会の貴重な審議時間を森友、加計で潰し続けることでした。

だからこそ安倍首相は解散に打って出たわけです。

国難の時に
「俺達が政権を取りたいから」
というだけでひたすら国会を妨害し続けて来た連中に
票を入れる価値は全くありません。

小池党も一応保守アピールして票を集めようとしていますが、
泥酔してタクシー運転手に絡み続けてあわや逮捕なところまで行ったものの
他の議員達がタクシーから引き摺り出して議員会館に引き摺っていってなんとか誤魔化したり、
北朝鮮のパシリの市民の党とべったりの関係であったり、
防衛省の女性職員を議員会館の自室へ呼びつけて何時間も怒鳴りつけるパワハラを行い、
PTSDにさせるなどした後藤祐一が公認候補に決まっているあたりで
保守もへったくれもありません。

小池百合子は実態は元民進党(偽)というのがバレてしまうと困るので
これぞ民進党(偽)という名前の知れたのまでは入れないようにするために
全面的な合流を拒否、面接をすると言っています。


小池百合子は当初は細野モナ男と若狭勝に任せていたわけですが、
細野モナ男は民進党(偽)しか人脈が無く、
どうもほっといたら民進党(偽)がほぼまるごと入って来そうな状況となったので
モナ男にも若狭にも相談も無しに突発的に新党立ち上げの会見を行ったのでしょう。

一切の根回しができないAIらしいやり方です。


一方、前原誠司は自分が無所属で出て、
他の所属議員には民進党(偽)籍を持ったままで希望の党公認で出馬させる
というニュースが出ましたが、
すぐさま民進党(偽)の泉健太議員が

https://twitter.com/office50824963/status/913035028862443521
泉ケンタ @office50824963
『前原代表、無所属で出馬』は完全な誤報です。今、前原代表本人に確認しました。皆様、どうか惑わされぬよう。

こんなツイートをして否定しています。
が、おそらく無所属で出馬は本人が言った事でしょう。

前原というのはかつての民主党代表の時も、
国交大臣の時も、外務大臣の時も

・誰とも調整せずに場当たり的に思いついた大それた事を言い出す。
  ↓
・突然のばかげた提案に周りから猛反発を食らう
  ↓
・「そのような意味で申し上げたのではない」と言い訳をする

ということを繰り返して来ました。

前原誠司としては党分裂も防げて、かつ選挙にも大勝利できるかもしれないので
「民進党(偽)籍を持ったまま希望の党公認で出馬させる」
という話を考えついて言ってしまったのだろうと思います。


「党の代表が比例で保険を掛ける事はしない。私は単独で出馬する。私については比例名簿に入れない。」
みたいなことを前原が説明したら
マスゴミの記者が「前原だけ無所属で出馬」と勘違いしたとか
そういうところではないかと思います。


というわけで整理しますと・・・。

前原
「民進党(偽)は公認しない。希望した人は希望の党から出馬してもらう。ただし民進党(偽)籍は持ったまま」

というのを党内で同意を得るまえにマスゴミに漏らしただけ。
おおかたそんなところではないかと思います。


前原誠司のここのところの意味不明な動きによって
民進党(偽)崩壊だけはもう確実になったのではないかと思います。

民主党政権の時もそうでしたが、
「馬鹿をリーダーにすると一瞬でそれまでのものがボロボロと壊れていく」
馬鹿をリーダーにしたら滅びるという事を改めて示したという点は
きちっと指摘しておかなければならないと思います。

ましてやこの国難の時にあっては
こんな馬鹿どもに票を入れようという連合なんてのは
やっぱり存在そのものがゴミだということがよくわかります。


今回の動きで一番慌てているのは共産党でしょう。

不破哲三の指示どおりに野党共闘によって共産党が他党の票と組織を食っていくのが
共産党が呼びかけてきた野党共闘の狙いなわけですが、
小池党は共産党と組まないと言ってしまいましたし、
そこにきて前原のこの発言で野党共闘どころか
巨大な新しい民主党が作られようとしていて、
共産党はハブにされかかっているのですから。


ブルジョワ志位は

「野党4党としてはこれまで何度も党首合意で野党4党結束して安倍政権を倒していこうと・・・。
公党間の合意ですから、それをきちんと守っていく事が大事ということだけは言っておきたい」

なんて言っています。
民進党(偽)は署名まで交わした与野党合意であろうとも
平気で反故にし続けて来ました。

嘘つき共産党が嘘つきの民進党(偽)相手に口約束だから守れと言うあたりは
大いに笑ってやりましょう。



そうそう、ついでに日本をリセットするとかファミコン感覚で政治をやろうという
小池都知事のリセットについてちょっと考えてみましょう。


・細野と若狭で新党作りを進めていたら候補者みんな民進党になりそうだったのでリセットした。s

・首班指名は公明党の山口那津男が良いと言っていたが翌日にはリセットした。

・選挙の為に都民ファーストの会代表に就任したが選挙が終わった途端にリセットした。

・脱原発の方が票が取れると考えたので過去に核武装に言及していた自身のブログの記事をリセットした。
(過去に核武装に言及していた記事を消しています)

・冒頭解散の公約はリセットしました。

・徹底した情報公開の公約はリセットしました。
 (どころかブラックボックス化)

都知事としてなんも実績が無い上にむしろ事態を悪化させているだけ
というのが現実なわけで、
都政で全く何もしていないのが国政で何かできるはずがありません。

まして根回し、調整が全くできない人が党をまとめることなど不可能で
もし、またミーハーなのが小池党に投票してそれなりの人数が当選したら、
選挙後から党内での権力争いの内ゲバが始まるでしょう。



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓

バナー表示されない方はこちら(人気ブログランキング)をおねがいします。