詐欺フェストに注意しましょう

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
----------
首相が解散することを表明しました。

これで完全に総選挙モードになったわけですが、
日本のマスゴミは隙あらば嘘記事を書いて国民を騙そうとしています。

毎日新聞からそんな記事を一つ。

【北朝鮮非難決議見送りへ 与党が不信任案提出を警戒】
 28日召集の臨時国会冒頭の衆参本会議で採択する予定だった北朝鮮の非難決議が、衆院で見送られる公算が大きくなった。安倍晋三首相の冒頭解散方針に野党が反発しているだけでなく、決議案採択の手続きに入れば、野党が内閣不信任決議案を提出し、政府批判の演説の機会を与えてしまうことを与党が警戒しているためだ。

「実現できないかと思っているが、決議の内容をまとめる作業が現実的にできない状況だ」。自民党の森山裕国対委員長は22日、東京都内で記者団に非難決議の採択が難しい状況だと認めた。

 与野党は15日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて幹事長・国対委員長会談を開き、「立法府の意思を示す」ため臨時国会冒頭に非難決議を採択することで一致した。決議の採択は全会一致が慣例で、与野党が案文の調整に入る手はずだった。

 決議採択を難しくしたのは、野党内で提出が検討されている安倍内閣に対する不信任決議案だ。臨時国会初日は、本会議で議事日程の前に各会派の議席を指定する。議事日程に入る前に大島理森議長が解散詔書を読み上げれば、野党に不信任案提出の余地はない。

 しかし、非難決議案を議事日程にのせれば、野党が不信任決議案を提出することが可能になる。不信任決議案が提出された場合は、最優先で審議する慣例となっているため、野党が決議案に関する趣旨説明や賛成討論として首相らへの批判を本会議で展開できる。

 国会関係者は「与党が選挙を前にわざわざ政権批判の場を野党に与えることはないだろう」と話し、非難決議案の採択は事実上なくなったとの見方を示した。

 一方、民進党の松野頼久国対委員長は22日、国会内で記者団に「不信任案を出させないために決議を取り下げる話が出回っている。北朝鮮よりも政局なのか」と述べ、与党をけん制した。【村尾哲】
(2017/9/23 毎日新聞)


民進党(偽)、共産党、社民党は北朝鮮を重要な基盤としている政党です。

ですので北朝鮮を非難するということはできるだけやりたくありません。

解散総選挙になるので北朝鮮非難決議を欠席。
というオチになる可能性がとても大きいわけです。

たしかに不信任案は他の審議に優先するという慣例がありますが、
首相が解散の手続きを取り、陛下による解散の詔書が出されれば、
間違いなくそちらの方が優先となります。

ところが毎日新聞のこの理屈では

陛下による解散の詔書よりも不信任決議の方が重いから最優先だ。
だから不信任決議案を出されたら困るから
北朝鮮非難決議を国会で可決させることを諦めた。

という理屈になってしまいます。

もし解散の詔書より不信任決議の方が重いのであれば、
そもそも北朝鮮非難決議を可決させようとしなくても
臨時国会召集と同時に不信任決議案を出して不信任決議案を処理させられるはずです。

松野頼久は元より嘘つきなのでこいつの発言は相手にする必要はありません。
「北朝鮮よりも政局」
というのが民進党(偽)や共産党の姿勢であり、それを自民に転嫁する。
自分達のやっている悪事を相手に転嫁するというのは
特定アジアの伝統文化みたいなものです。


細野モナ男と若狭勝が小池人気を使って
キャスティングボートを握ろうと踊っていたら、
若狭やモナ男らに連絡すら無しに小池百合子都知事が会見を行い、
国政政党希望の党を立ち上げる事を発表しました。

ここのところの小池百合子のやっていることは
橋下徹の劣化コピーなわけですが、
誰にも連絡もせず独断で動く当たりに
やはり仕事ができない彼女らしさがうかがえます。

安倍首相が解散を判断するという話が流れたときに
「この解散には大義が無い」と真っ先に反応していたのは
「都政を投げ出して国政に戻る理屈を付けるのが間に合わない」
という意味で、大義とは自分の方の理屈をの事だったようです。

子分のメンツを立ててやることすら全く考えていなかった。
さすがの小池百合子。とことん自分ファーストです。

そんな自分ファーストの小池が掲げた希望の党の政策が以下。

希望の政策
・希望の政治
(1)しがらみのない政治 (2)議員定数・報酬の縮減 (3)行政改革:徹底した情報公開 (4)真の地方分権の確立
・希望の社会
(1)女性政策など、ダイバーシティ社会の確立 (2)多様な教育(奨学金、高度研究、生涯教育)
・希望の経済
(1)消費税対応 実感できる景気回復の実現 (2)ポストアベノミクスにかわる成長戦略 不動産の有効活用 AI 金融
・希望を守る環境・エネルギー
(1)原発ゼロとゼロエミッション社会への行程作成 (2)フードロス対策など
・憲法改正 希望あふれる日本の礎


民主党は民主党政権において自分達が選挙で票を釣る為につかっていた
マニフェストを片っ端から反故にするということを行い
彼らの選挙公約は「詐欺フェスト」と呼ばれました。

今回、小池が掲げたものはそうした詐欺フェストとしてある意味で完成形と言えます。
選挙においてイメージだけで逃げ切るために
片っ端から漠然としたものとなっています。

これであれば何一つ実現できなくてもいくらでも言い訳ができるわけです。


しがらみのない政治とか言っていますが、
そのしがらみの無い都民ファーストの新人議員達は
無能過ぎて小池都知事が決めた事に一方的に従うということしかさせてもらえていません。

小池都知事が掲げた政策は都政で何一つ実現できていないどころか
徹底した情報公開なんて言い続けているものについても
AI知事というあだ名がついたとおり、
重要局面での決定プロセスをブラックボックス化して情報公開どころか
記録すら残さないようにしているのが現実です。

そもそも「真の地方分権」なんて聞こえの良いことをかいていますが、
真の地方分権なんてやったらほとんどの自治体は破綻しますよ。

そして議員定数の削減も掲げています。

議員定数を削減すれば過疎地がより国政での影響力を失うため
ますます地方切り捨てが進む事になるでしょう。

真の地方分権と議員定数の削減という矛盾したものを並べる愚。

結局の所耳障りの良い漠然とした言葉を並べただけで
何一つきちんとした最終形を考え、
それをどうやって実行するかなんて考えていないわけです。

そして繰り返し使う「リセット」なる言葉。

とことん、橋下徹の劣化コピーです。

そんなことより都政だって実績が何一つなくて
それどころか東京五輪関連の話もほぼペンディング状態で
平昌五輪を笑えない状態になりつつあるというのに
圧倒的権限を与えられ、都議会第一党まで与えられておきながら
何一つ結果を出していない連中が、国政で結果を出せる事は絶対にありえません。

今回の小池の動きに対して、都議会公明党が都民ファーストとの連携解消をするようです。

【都議会公明、都民フとの連携解消検討 小池与党は過半数割れへ】
日経ニュース 2017/9/25

 都議会公明党は25日、小池百合子都知事が実質的に率いる「都民ファーストの会」との連携を解消する検討に入った。
小池知事側近の若狭勝衆院議員らが旗揚げする新党の役職に小池氏自身が就任した場合、都議会での都民フとの連携を解消する。
都民フは単独では都議会の過半数を確保していないため、知事与党は過半数割れが避けられず、都政運営が混乱するのは必至だ。


小池百合子としては自分が権力を握るチャンスとみて
民進党(偽)や共産党とも候補者調整をしていこうとしています。
都民ファーストを支援した連合や公明党にとって許しがたい話です。

特に今回の動きは実質的に都政を投げ出すための準備ですし、
なにより世界日報に独占記事が出るようになった細野モナ男が
国政においての自分ファーストの主要議員となるわけです。

公明党としてはこのままでは都政放り出しの共犯扱いにされかねない上に
統一教会系と関係を深めている細野モナ男を支援するわけにはいきません。

小池百合子は都政を少しでも前に進めようと思うのならば
都政に専念する宣言をして国政での野望を細野と若狭に任せなければなりませんが、
元より自分がぐだぐだにした都政を続ける気が無いようですから、
このまま放り出して国政に逃げる可能性が高くなったと思います。

音喜多だのの有象無象はこのまま小池の都合で捨てられる運命のようです。

昨日の当ブログの記事に希望の党を
保守系としてなんとしても支持したい旨のコメントを書いている人がいましたが、
間違いなく無駄な票になると断言しておきます。

自分でお金作りをしてこなかった小池百合子が
国政に候補者を大量に出すために金が必要で、
中山夫婦が持参してくる日本のこころに出されていた政党助成金数億円が目当てだ
と見て間違いないでしょう。

-----
※9月26日追記 
中山夫妻は離党し、中野正志議員がにっころの継承者となるとのことで
政党助成金は持っていかないそうです。訂正いたします。
極左も何も関係なく候補者を集めている状況は完全な選挙互助会なので
どのみちまともな政党に化ける可能性は無いでしょう。
-----

だからこそ細野モナ男は民進党(偽)の公認候補予定者に対して
選挙資金が配布されたらそれを持ってきてうちから立候補しろ、
拒否するのなら刺客を立てるぞ!
と脅して候補者集めをしているのです。
これなら自分達の財布を傷めずに済みますから。

中山恭子氏は拉致問題についての過去の実績がありますから評価されてきましたが、
今回は9月13日に日本のこころの代表に再任されたばかりで
夫婦で自分ファーストへ合流する事について、
党の誰にも連絡せずに行われました。

これまでの中山夫婦の動きはとても評価できるものではありませんし、
中山成彬が国政復帰したいという事のためだけに
党内手続きを一切無視して自分ファーストへ合流する事を決定なんてのは
議会人としてやってよい事ではないはずです。



核によって国家存亡の危機に立たされている日本の安全保障を
争点として解散するということを首相が明言しています。

北朝鮮問題に真っ正面から取り組むことになれば
自分達の重要な基盤の一つである北朝鮮様を潰す事になってしまうため
絶対に北朝鮮問題、国家の安全保障の問題を争点にはさせたくない
民進党(偽)や共産党、社民党は
「森友・加計隠しだ!」
と叫び続けることでしょう。

ですが、現実問題として北朝鮮は
日本に向けて核ミサイルを準備していて
核で日本を滅ぼすとまで公言しているのです。

安全保障が喫緊の課題であることは間違いありません。

民進党(偽)や共産党、社民党、自由党、そしてマスゴミら
特定アジアが大好きで大好きで仕方が無い人達にとっては

森友・加計>>>>>>北朝鮮

ということにしたいのでしょうけど。


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓

バナー表示されない方はこちら(人気ブログランキング)をおねがいします。