タレント活動に専念 | 上西小百合衆院議員が大手芸能事務所所属へ

無所属の上西小百合衆院議員(34)が、今秋から大手芸能事務所に所属し、タレント活動を行う予定であることが25日、分かった。
上西氏は同日、東京・衆議院第二議員会館で会見を行い、改めて次期総選挙への不出馬を発表し、理由として「勝てないからです。選挙というのは勝つために出るものであって、勝つ見込みがないのに、賑やかしで出馬をするというのは、いいことだとは思いません」ときっぱり。「次の選挙は来年5月ごろだと想定していた。私の戦略ミスです」と、10月22日に投開票が決まった総選挙への準備不足の悔恨も口にした。

今後のタレント活動については、「私は政治家としてメディアに出た訳であって、国会に戻れるように活動していく」とあくまで政治活動を続けるとしながらも、「テレビが嫌いなわけではないですし、テレビ局に行くのも好きですから」と大いに前向き。会見でも自ら武器として挙げた「偶然得た発信力と存在感」にさらなる磨きをかけ、アピールを続けていく思いを口にした。
関係者によると、すでに上西氏の元には複数の大手芸能事務所からのオファーが届いており、10月中旬には所属先を発表する予定。また、解散後は議員ではなくなるため、経費節減などのため、大阪の議員事務所はいったん閉鎖し、活動の基盤を東京に移す可能性が高いという。

また、日常的に“炎上”を繰り返し、今年7月にはJ1・浦和レッズのサポーターから殺害予告を受ける騒動にまで発展していた、ツイッターの利用についても意欲的。「炎上というのは、受け取られる方の問題だとは思うんですけど…」と前置きしつつ、「私は橋下さんのやり方が好きなんです。ちょっと過激なことを言って、議論を引き出す。それによって問題点が浮き彫りになってくるから」と、過去に決別した前大阪市長・橋下徹氏(48)の名を挙げてその効力を主張した。その上で「橋下さんも、いろんな表現を使って『薪をくべて』います。私も、これからも発信すべきことを発信していきたい」と“炎上路線”を継続することを宣言した。