『図説 世界史を変えた50の船』

 イアン・グラハム『図説 世界史を変えた50の船』角敦子訳、原書房、2016年、2800円+税は、石器時代から現代に至るまで、船舶ほど人類に重大な影響をおよぼしてきたテクノロジーはなく、新世界への移住や征服を可能にしたのは舟や船で、船舶は戦争の形を変えながら歴史の勝者を決定づけ、新しい哲学やテクノロジー、宗教の伝搬を助け、今日でさえ、ガソリンや家電から、身につける衣類、口にする食べ物の大半まで、購入し消費するほぼすべてのものが、海上貿易に依存しているが、世界史を変えた50の船を図と共に解説している。
 クフ王の太陽の船からトライリーム(3段櫂船)、モーラ号(ロングシップ)、鄭和の宝船(帆船)、サンタ・マリア号(カラック船)、ヴィクトリー号(帆船)、モニター(鉄甲艦)、カティサーク号(クリッパー)、ホランド号(潜水艦)、ドレッド・ノート(戦艦)、U-21(潜水艦)、ビスマルク(戦艦)、イラストリアス(空母)、大和(戦艦)、エンタープライズ(原子力空母)等々である。

注:イアン・グラハム『図説 世界史を変えた50の船』角敦子訳、原書房、2016年、2800円+税