TBS「武装難民というものない」「北朝鮮の暮らしのために日本人は受け入れる想像力を使え」


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1

------------------------
麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 北朝鮮難民対策
麻生太郎副総理は23日、宇都宮市内での講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。
 
麻生氏はシリアやイラクの難民の事例を挙げ、「向こうから日本に難民が押し寄せてくる。動力のないボートだって潮流に乗って間違いなく漂着する。10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。さらに「向こうは武装しているかもしれない」としたうえで「防衛出動」に言及した。
 
防衛出動は、日本が直接攻撃を受けるか、その明白な危険が切迫している「武力攻撃事態」などの際に認められており、難民対応は想定していない。
2017.9.23 朝日新聞)
イメージ 2
------------------------
 
朝日新聞が麻生副総理の発言「武装難民」を「北朝鮮難民」と捏造して報じたが、翌日に「武装難民」と直した。
 
朝日の目的は何であったか?
 
「北朝鮮難民」=「射殺」=「非人道的発言」=「麻生謝罪、辞任」=「安倍任命責任」という構図だったのであろう。しかし他社すべてが「武装難民」と報じたため、朝日は謝罪することもなくこっそり直したのだ。これが朝日である。
 
さて、この「武装難民」「射殺」に924日のTBS「サンモニ」で安田菜津紀がこのように発言した。

イメージ 5
 
「麻生副総理から、もしかすると朝鮮半島で多くの難民達が発生して、その人達が逃れ出てくるかもしれないという可能性について、その中に武装難民がいるかも知れない、警察で対応するのか、防衛出動なのか、或いは射殺なのか、という発言をされていたんです。
 
そもそも武装難民という概念はないですし、その中に武装難民がいるかも知れないという発言だったんですが、そういった概念は存在しないですし、ああいった言葉をかけられることによって、すべての難民が危険であるかのような印象を与えかねないと思うんです。

アメリカがこれだけ強硬な発言を繰り返している中でも、国連機関を通しての人道支援を続けていますし、国と対峙するということは、同時にその権力の裏側に無数の暮らしが存在するということに、同時に想像力を働かせ続けることではないかと思います」
 
ちなみに、この安田菜津紀は平成2714日放送のサンモニで「私自身、日本人の母親と在日韓国人の父親の間に生まれている」と発言していた。
 
つまり安田からすると北朝鮮の難民は「同胞」である。
 
この安田が言いたいのは「武装難民という言葉を使うと朝鮮の難民の方々が危険のように思われてしまう。朝鮮人の暮らしを守るために日本はどんどん受け入れて助けてあげるべき。そのくらい頭使えよ、日本人」ということだ。
 
しかし「武装難民」というのは存在する。他国の武装難民をよく見よ。
 
イメージ 3

イメージ 4
 
こういう連中を受入れたら、日本の治安は一気に悪化して、彼らは食うためにあちこちの店を襲撃して、日本人を殺してでもモノを盗む。そして食欲が満たされれば次は性欲だ。民族の血は変わらない。
 
終戦直後の混乱の中、朝鮮半島で日本人女性が強姦されまくった事実を思い出せば、彼らがやることは想像がつく。これが想像力である。
 
安田は「朝鮮人の無数の暮らしがあることを日本人は想像力を働かせよ」と言った。この視点は朝鮮人であって日本人でない。
 
この視点こそがTBSの正体である。
 
今回の麻生副総理の発言は当然の発言である。不逞鮮人を日本に入れないように水際で処理する。場合によっては射殺もある。
 
日本の政治家が日本人の生命・財産を最優先させるのは当然である。これこそ国家、国民を守る、一国の政治家の発言である。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
麻生発言を支持する、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2