東国原氏、上西小百合議員の不出馬に「単なるクズだった」

 

スポーツ報知 9/23(土) 9:03配信

 

 元宮崎県知事の東国原英夫氏(59)が自身のツイッターを更新し、22日に次期衆院選への出馬を見送ると発表した上西小百合衆院議員(34)を痛烈に批判した。


 東国原氏は上西氏の不出馬について「本当に驚きました。不出馬って!全くの逃げ」と批判。さらに「今まで、「つぎの選挙には必ず出る」「私は一生政治家」と偉そうに言って来たのは一体何だったのかと疑問を投げかけた。その上で「やっぱり、政治家としても人としても、あのバカ秘書共々単なる「クズ」だったですね」と断じていた。

 東国原氏と上西氏はこれまでにもツイッターを通してたびたびバトルを展開。テレビ番組でも議論を繰り広げていた。



  たとえ野党統一候補になれたとしても、当選は出来ないでしょう。 (笑)