上西小百合、衆院選不出馬へ

時事通信  2017/9/22


 無所属の上西小百合衆院議員(比例近畿)は22日、臨時国会冒頭で衆院が解散された場合、総選挙に立候補しない意向を固めた。同氏の事務所が明らかにした。野党統一候補としての出馬を目指していたが、環境が整わないためという。25日に記者会見する。  上西氏は、2012年衆院選で当時の日本維新の会から出馬し初当選。現在2期目。維新の党に所属していた15年4月、衆院本会議を体調不良を理由に欠席しながら、その前日に飲食店を渡り歩いたとして党を除籍された。



   上西小百合終了、税金の無駄使いも終了。 (笑)