北朝鮮ミサイルが日本の北海道・襟裳岬東に落下

北朝鮮は日本時間の29日午前5時58分、首都平壌の順安区域付近から弾道ミサイル1発を北東方向に発射した。約2700キロ飛行し、北海道襟裳岬上空を通過、6時12分、襟裳岬の東約1180キロの太平洋上に落下した。新型中距離弾道ミサイル「火星12」(最大射程5千キロ)の可能性がある。日本は迎撃措置を取らなかった。
安倍晋三首相はトランプ米大統領と電話会談し北朝鮮への圧力強化で一致、中国やロシアに働き掛けることも確認した。
国連安全保障理事会は緊急会合を29日(日本時間30日午前)に開く方向で調整に入った。

北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したのは5回目。