24時間テレビのハプニングで打線組んだ


1二 インパルス、アンガールズをディスる
一番 二塁手 インパルス、アンガールズをディスる
マラソンランナーだったアンガールズがマラソン中、音声ミスでインパルスの二人が「あれ、やばいよ」、「霊だよ」、「マジでひでぇな」、「姿、慎めよ。気持ちわりぃ」とディスる声が放送された。

2三 北斗晶が3歩進んだだけで610m進む
二番 三塁手 北斗晶が3歩進んだだけで610m進む
家族で参戦した佐々木、北斗一家の北斗晶が三歩進んだだけで610mも距離が加算されたため問題になった。

3遊 富士登山で両足麻痺の子供が殴られる
三番 遊撃手 富士登山で両足麻痺の子供が殴られる
2016年の富士登山企画で登頂した両足麻痺の子供を父親が殴っているように見えたため批判が集まった。
なおその子供は登頂後のインタビューで「寒かった」とだけ答えたため「かわいそう」と批判が集まった。

4一 西村知美のマラソン20kmワープ
四番 一塁手 西村知美のマラソン20kmワープ
西村知美がマラソンに挑戦した時、一時間で20kmも進んだ(一時間20kmは軽く世界記録レベル)ため「車乗っただろ」とやらせ疑惑が上がった。

5捕 関ジャニ∞の大倉忠義が募金活動中に手を叩かれる
5番 捕手 関ジャニ∞の大倉忠義が募金活動中に手を叩かれる武道館での募金活動では有名人と握手できたりするのだが、その中で関ジャニ∞の大倉忠義が握手しようとしたら女性に「お前じゃねえんだよ」と言わんばかりに手を叩かれ、大倉忠義がムッとしている様子が放送された。

6中 アンガールズに触ろうとした女性が怒鳴られる
6番 中堅手 アンガールズに触ろうとした女性が怒鳴られる
マラソンランナーのアンガールズに触ろうとした女性に男性スタッフが「触らないでっ!」っと怒鳴る様子が放送され、批判が集まった。これには触ろうとした女性が年配の方だった事もある。

7右 マラソンで徳光和夫を休ませる為に車を停車させる
7番 右翼手 マラソンで徳光和夫を休ませる為に車を停車させる
マラソンランナーだった徳光和夫を休ませる為にカーブ地点に日テレの車を停車させて休ませていたのだが、そのお陰で後ろの車が進めず渋滞。さらにそこが急カーブ地点で事故になる可能性もあった為に批判が集まった。

8左 小島よしおが空気を読まず場がシラケる
8番 左翼手 小島よしおが空気を読まず場がシラケる
ダチョウ倶楽部が十八番芸である熱湯風呂を披露していた時、小島よしおがそれに挑戦したのだがどう考えても熱い熱湯風呂なのに小島よしおは「そんなの関係ねぇーーー!!」と持ちネタを披露。空気を読まなかった小島よしおのせいで場は変な空気になってしまった。

9投 高畑裕太が放送4日前に逮捕
9番 投手 高畑裕太が放送四日前に逮捕
放送四日前に出演予定だった高畑裕太がホテル従業員の女性に性的暴行をした容疑で強姦致傷容疑で逮捕された。その結果スペシャルドラマの高畑裕太のシーンが全部小山慶一郎で代役を立てて取り直しになるなど大騒動になった。
ちなみに事件前に放送された深イイ話で高畑裕太の母親である高畑淳子が「息子が変な事をするかもしれないのでこの場を借りてお詫びいたします」と冗談交じりに謝罪していたため、「事件を予言していた」と話題になった。

中継ぎ TOKIO城島茂、マラソン開始5秒で道を間違える
中継ぎ TOKIO城島茂、マラソン開始5秒で道を間違える
TOKIOの城島茂がマラソンのスタート時に力が入りすぎたのか、スタートして5秒でいきなり道を間違えて会場の笑いを誘っていた。これは打線唯一の悪くないハプニング。

抑え 笑い飯哲夫が坂上忍をこき下ろす
抑え 笑い飯哲夫が坂上忍をこき下ろす
24時間テレビ内のしゃべくり007スペシャルで
笑い飯哲夫が「なんで役者の坂上がバラエティに出てるのか分からない 」「僕の周りの近所のおっちゃんやオバハンもそう言ってる」「国民の総意では無いけど、賛同する人は多いと思う」とこき下ろし発言をし、批判が集まった。しかし一方で肯定的意見があったのも事実。

代打 TOKIO城島茂のマラソンで国道大渋滞
代打 TOKIO城島茂のマラソンで国道大渋滞
毎年渋滞は少なからずある事だが、この年は特に国道246号線の渋滞がひどく、TwitterなどのSNS上では「城島茂を先頭に上下線とも約5キロの渋滞」と茶化すようなコメントが出始め、“城島渋滞”という言葉も生まれた。

監督 大橋巨泉、エンディングで問題発言
監督 大橋巨泉、エンディングで問題発言
記念すべき第一回の放送の出来事。当時の司会だった大橋巨泉さんがグランドフィナーレ時に「確かに人々の好意でこれだけの金額が集まりました。しかしテレビの前の政治家の皆さん、自民党のみなさん。これは本来あなたたちがやらなければいけなかったのですよ!」と発言。
流石に国の体制をを批判したのはまずかったのか、大橋巨泉は司会者を降ろされてしまった。しかし、「これは国民の声を代弁した勇気ある行動だ」と賞賛する声も結構あり、この発言の問題点はやはり国絡みという所だったようだ。