社民党・福島瑞穂「戦没者を地中から蘇らせ、力を合わせて安倍政権と戦う!」

福島瑞穂が「戦没者を地中から蘇らせ、力を合わせて安倍政権と戦う」

15日、社民党の福島瑞穂副党首は、千鳥ヶ淵墓苑で行われた「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会」で誓いの言葉を述べた。その中で、福島瑞穂副党首は戦没者の御霊に向け、とんでもない暴言を吐いている。内容の抜粋は以下、

主権者である日本国民は、全力で、安倍首相の憲法9条改悪と闘わなければならないのです。9条を変えようとする内閣は倒さなければならないのです。
「ロードオブザリングー指輪物語」の中で、死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う場面があります。わたくしは今、その場面を想起しています。主権者であるわたしたちは、戦争犠牲者の全てのみなさんと共に力を合わせて、9条改悪を止めたいのです。

ロード・オブ・ザ・リングで蘇る死者とは、誓約を果たさず呪いをかけられ成仏できなくなった死者の軍勢の事を指している。この様子は気分が悪くなるかもしれないが、動画で公開しておく。

こいつは作品を見て死者の軍勢となった経緯を知っての発言なのか
どちらにしても戦没者の方々にもロードオブザリングにも失礼極まりない
戦没者とJ・R・Rトールキンに謝罪してほしい