NHK「今、他国から侵略されたら戦いますか」? 若者「戦わない」「海外に逃げる」


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1

--------------------------
若い世代に聞いてみた NHK
18歳、19歳って、どんな人たちだろう?高校生、大学生、社会人、浪人生…。NHKは、18歳選挙権の導入をきっかけに、この世代を対象にした世論調査を行っています。今回のテーマは、「平和」。18・19歳のデータと比較するため、20歳以上の成人を対象にした調査も同時に実施しました。調査結果を3人の専門家の分析とともに、見ていきます。
--------------------------
 
NHK815日を境に盛んに若者への世論調査をやっていた。
 
89日のニュースでは「18歳と19歳を対象に世論調査」を行い「終戦の日を14%が知らない」「86%が核保有すべきではない」と放送していた。
 
NHKは一体、何を意図しているのか?

NHKスペシャルで「731部隊」(813日)を放送したら、すかさずシナ外務省は「日本の洞察力のある人々の勇気を賞賛する」とNHKが褒められた。

いかにも、である。
 
その国賊・売国奴とも言えるNHKが若者に調査して「3人の専門家の分析」とあるが、この3人は左寄りで、特に明治大学特任教授の藤井剛は「共謀罪反対署名」の呼びかけ人でもあった。こういう人間ではNHKの意図する発言にしかならないので、ここから先の分析は「さくらの花びら」が行うことにする。
 
イメージ 2


イメージ 3


まず「平和」について「平和だとは思わない人」が25%いて、その理由が5つある。この5つはNHKがあらかじめ用意した「理由」であって、本当に「平和」を考えるならばここに「核兵器がない」「戦える軍隊と憲法がない」が必要である。


よく「平和には軍事力が必要」というと「違う」という人がいるが、「平和」を守ることが出来るのは軍事力を中心とする「力」だけであることを日本人は知るべきである。


この調査で「平和と思わない理由」で一番多い「戦争やテロに巻き込まれる」の原因はもちろん「北朝鮮やシナの挑発行為」にある。

2番目の「貧富の格差が大きい」の原因は「外国人(シナ人・朝鮮人)をどんどん入れるから」である。3番目の「外国との関係が悪い」のは「シナと朝鮮」のことであり、4番目の「治安が悪い」のも「在日やシナ人」が日本にいるからである。
 
つまり、日本の平和を乱している一番の要因は日本にいる「朝鮮人」「シナ人」にあるのだ。NHKはこれを明確にして日本国民に周知させなければいけない。

 
イメージ 4
 
「いま、日本が他の国から侵略を受けて戦うことになったら、あなたはどうしますか」
 
この回答は「自衛隊に参加して戦う」が少ない。NHKが言いたいのは「日本の若者は誰も戦わないよ。戦うことが嫌いな日本で憲法9条改正はする必要はない」と導きたいのであろう。
 
しかし、これはNHKの用意した回答が悪い。

NHKは現代戦で素人がいきなり自衛隊に参加して戦えると思っているのか? 

 
本来は若者の覚悟を導き出すために「武器を取って抵抗する」という回答にすべきである。
 
それにしても「全て政府と自衛隊に任せる」「海外に逃げる」4割以上を占めるが、戦後、日教組教育やマスコミが育て上げてきた若者とは臆病な敗北主義者だったといえる。

イメージ 5
 
この調査結果も敵国シナから褒められるかもしれないNHK

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
受信料払いたくない、と思った方はここをポチッとお願いします。
                    イメージ 2