金子恵美氏、公用車に子ども乗せない意向

★金子恵美氏、
 公用車に子ども乗せない意向

 朝日新聞 2017年6月30日
 
http://www.asahi.com/articles/ASK6Z53TGK6ZULFA022.html
仕事場の議員会館内にある保育所への
子どもの送り迎えに公用車を使っていた

金子恵美総務政務官(自民・衆院新潟4区)が、
今後は公用車に子どもを同乗させない
意向を示していることがわかった。

高市早苗総務相が30日の
閣議後会見で明らかにした。

公用車で保育所送迎、公私混同? 総務省「問題なし」

 高市氏は会見で、総務省のルールに照らして
金子氏の公用車使用に問題がなかった
との認識を示したうえで
「今後はお子さんを
 公用車に乗せることはしないと聞いている」
と語った。
金子氏の事務所によると、
今後は港区赤坂にある議員宿舎から、
約1キロ離れた永田町にある議員会館まで、
ベビーカーを押して徒歩で通うことを
検討するという。

 高市氏は
「働きながら小さなお子さんを育てる、
 多くの方々の希望となっていただくように、
 日々のご苦労にも思いをいたしながら
 職務に精励していただきたい」
と述べた。
(久永隆一)




★真鍋かをり、金子恵美議員の
 公用車での保育園送迎に
 「問題として議論されることがおかしい」
 
 スポーツ報知 6/30(金) 9:16配信
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000079-sph-ent

30日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で
自民党の金子恵美衆院議員(39)の
公用車の私的使用疑惑について特集した。

 総務省の政務官である金子議員は、
同省の公用車で長男を保育園に送るなど
私的な目的のため使用したと指摘されたが、
金子議員は、ブログで
総務省の規定に違反していない
ことなどを釈明していた。


 コメンテーターとして出演した
タレントの真鍋かをり(37)は、
「一番、腹立たしかったのが、
 金子さんのことが問題として
 議論されていること自体がおかしいな
 と思います」
と主張した。
「このケースで仕事の途中で
 保育園に送っていくことがダメだったら、
 もう働くお母さん誰1人、
 仕事と子育て両立できないと
 思うんですよ」

と自身も2015年10月に第一子を出産し
子育てする母親としての立場から訴えた。

 その上で
「否定的な意見も同じお母さん世代から
 出ているみたいなんですけど、
 結局、それって
 回り回って自分の首を絞めることに
 なるんじゃないかと私は思っていて、
 ご自身はブログで釈明されていますけど、
 自民党の中から、誰か、
 子育て中の議員は全力でサポートします、
 何がいけないんですかって
 誰か言って欲しかった」

と持論を展開した。

 これに対しテリー伊藤氏(67)は
「金子さんが言えばよかったんです」
と応じると真鍋は
「本人が言ったら角が立つ」と言うと
テリー氏は
「それも主張してもいいと思う。
 こういう時に矢面に立って
 言ったっていいと思う」と示していた。


(引用ここまで)




テリーさん、金子議員が直接出てきて
主張したらしたで、マスゴミは叩く癖に!

>否定的な意見も同じお母さん世代から
 出ているみたいなんですけど


私は仕事と子育て両立で苦労してるのに
ズルい!という発想なのかなぁ?

これね、自民党の女性議員だけでなく
与野党全ての女性議員が声を上げて欲しかった。

遊びに利用していた訳じゃなく
総務省や議員会館での公務のついでに
会館内にある保育所に行くのだから
子どもを乗せたっていいじゃないか。
足が不自由な母親を同乗させたって
ルート上で途中下車なら、いいじゃないか。
その分仕事に集中できるなら
小さなお子さんがいる間は
寛容でいいじゃないかと思う。

子育てだけでなく、介護をしながら
仕事と両立しなければならない時代。

公私混同だと叩いて、金子議員が
港区赤坂にある議員宿舎から、
約1キロ離れた永田町にある議員会館まで、
ベビーカーを押して徒歩で通えば
週刊新潮の記者は、これで満足?
不愉快に思った人達も満足?

働きやすい社会に変えようと思うのなら
週刊誌のちくりでバッシングする社会では
何も変わらないと思うけどな。




政治ランキング