米、中国企業に制裁?

 29日米財務省は、国連などの制裁措置にもかかわらず、マンーロンダリング(資金洗浄)など北朝鮮による不正な金融取引に関与したとして、中国の丹東銀行(遼寧省)を制裁対象に指定すると発表した。
また、北朝鮮との取引に絡み中国人2人と中国の海運会社1社も制裁対象にした。
 北朝鮮核・ミサイル問題を巡り、中国企業に対する独自制裁はトランプ政権下で初めてである。
 米財務省によると、丹東銀行は、北朝鮮の大量破壊兵器や弾道ミサイルの開発計画に携わる企業の資金調達を含め、北朝鮮による国際金融システムへの不正なアクセスで役割を果たしていたとされる。
 制裁指定により、米金融機関との直接取引の他、外国金融機関を経由した間接取引も禁じられる。
 米政府は、北朝鮮による核・ミサイル開発の阻止に向け、経済面の繋がりの深い中国の影響力行使を期待している。米中閣僚級による21日の外交/安保対話でも米側は一層の圧力強化を求めており、今回の制裁想定には中国側の取り組みを促す狙いがある。
 米国は、中国の対応に不満を漏らし、人権問題を持ち出し、台湾に武器を売却し、独自制裁までを打ち出した。

注:「米財務省、中国・丹東銀行を制裁指定=北朝鮮との不正取引関与」http://www.afpbb.com/articles/-/3133929
  「米国務省2017年版人身報告書」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65947069.html
  「初米中外交・安全保障対話(ワシントン)」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65941223.html