やり得を許すな

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
----------
投票日まで日がないことを良いことにとにかく自民叩き
というマスゴミの異常さがさらに露骨になってきました。

新潮が記事にした金子恵美議員の公用車私的流用疑惑というのは
「議員会館の保育所に預けている子を公務の途中で迎えに行っているだけ」
であって、
公務の移動の途中での立ち寄り、家族同乗は認められており、
違法でもなんでもないわけです。

ですが自民相手なら民進党や共産党と違って
濫訴や平気で圧力をかけてくる、嫌がらせをしてくる
ということはまず行われないため、
マスゴミがどんどん調子に乗ってきたという背景もあるにせよ、
投票日まで日がないのでその間だけでも
徹底的にデマと印象操作で自民の票を減らし、
自民党を都議選で惨敗させたいという意図が露骨です。

特に東京都はテレビばっかり見て内容に少しも疑問を挟まずに
テレビが言っている事はただしい。
テレビが嘘をつくはずがない。
なんて自分の脳で考えることを放棄した有権者が多いですから
効果は非常に大きいです。

そしてマスゴミと反日野党4党の狙いは
「都議選で自民が惨敗した!民意が示された!安倍は辞任しろ!」
とやる事でしょう。

だからこそそれに乗っかって安倍を引きずり下ろして
自分が総理になろうという姿勢を隠しもしない
石破茂の露出を増やしているのでしょう。

欲に目がくらんでて自分を客観視できない人は
おだてればすぐに木に登るというのは
渡辺喜美、舛添要一などわかりやすい事例があります。

マスゴミは都議選が終わった後は
「次の首相に相応しい人」
といういつもの創作アンケートで石破茂一位ですとかやるでしょうね。
そして勘違いした石破が出てくる・・と。


昨日取り上げた共同通信は
安倍首相の演説をまるで違う意味の発言をしたことにして配信しました。

そして各社がそれを根拠に騒ぎ立てる。
いつものパターンです。

かつて朝日新聞がニューヨークタイムス東京支局を使って
(朝日新聞東京本社内にある)
反日創作記事を流し、朝日新聞がそれを紹介するという形で
ソースロンダリングを行っていました。

今ではソースロンダリングどころか
どこかの社がまずデマを流して、
マスゴミが一斉にそれを根拠として騒いで
偽情報を事実ということにして話を勝手に進める形です。
マスゴミの劣化が進みすぎてソースロンダリングすら面倒くさくなったのでしょう。


玉木雄一郎の親戚で政策秘書の人物の旦那が役員の会社が制作をやっている
日テレの捏造報道バンキシャという番組がありますが、
この番組では獣医学部の申請があれば他も認めると安倍首相が発言した件について
加計学園の件で追求され続けた安倍が逆ギレしたことにしようと
発言を勝手に作って流すあからさまなデマを流しました。
d0044584_1245691.jpg

そしてこのデマを根拠に便所紙以下の東京新聞の記者が
菅官房長官の会見でこのことを質問するという事をやっています。


本当に報道についてきちんと法整備を行い、
細かく処罰ができるようにしなければなりません。

現在の放送法はきちんとした法として整備されておらず、
公正性の担保をさせる要素は全くありません。
罰則がきちんと規定されていないため「免許取り上げで潰す」
しかないために実質的に法律として機能してきませんでした。

そしてマスゴミはそれを逆手にとってやりたい放題捏造を繰り返して
毎日のようにフェイクニュースを流しているわけです。


今のマスゴミのやり方はざっくり書けばこうなります。

-----
記者A「あいつは1+1は3だと言った!」

A「違います。1+1+1=3と言っています。」

記者B「世論アンケートでは1+1=3という首相の発言に批判が集まっています!」

A「だから1+1+1=3って発言してるんで議事録確認してください」

記者C「あなたは1+1=3だという発言を訂正する気はないんですね!?」

A「そんなこと言ってないってずっと否定してますよね?」

記者A「きちんと会見を開いて国民に説明する気はないということですね?」


XX新聞「首相、謝罪を拒否 なおも残る疑惑」
○○新聞「首相 1+1=3を訂正せず」

(記事中の文の一例)
「首相は1+1=3と発言した事を報じられた件で1+1=3という自信の発言を訂正しなかった。」
「首相は納得できる説明をしなかった。疑惑から逃げ回る姿勢に国民の理解は得られないだろう」
-----


森友学園でも加計学園の件でも
マスゴミは自分たちに都合の悪い説明は報道しない自由で隠して無かったことにして
疑惑は全く解明されていないと騒ぎ続けてきました。

週刊新潮のスクープをパクるということを実は10年以上前から
やっていたことがバレてしまった週刊文春は、
スクープパクリがバレてからろくな記事が書けていません。

文春砲の正体が反日勢力のコネで貰ったデマか新潮からのパクリネタばかりだった
ということなんでしょう。


「下村博文議員が加計学園から200万円の違法献金」
などという記事を出すからと
下村議員の事務所に取材に来た文春の記者を問いただしたら
そのネタを文春に持ち込んだのが
都民ファーストの会から立候補している平慶翔であることを白状。

平慶翔は下村議員の事務所で秘書として働いていた時に
事務所の経費を繰り返し横領していたことが発覚。
さらに事務所のPCを隠すという事を行ったため
下村議員が武士の情けで依願退職という形にさせていたことを
下村議員が明らかにしました。

さらにどうしても議員になりたい平慶翔は
下村事務所をクビになったことを隠して自民党の候補者公募に応募。
身体検査に引っかかって落とされました。

そこで平慶翔は下村議員の選挙区でもある板橋区から
都民ファーストの会の候補者として立候補。

せっかく犯罪者にされずに温情で依願退職にしてもらったのに
文春に下村議員のガセネタを持ち込んだようです。

5人区なのでちょっと風が吹けば下位で当選できますから、
板橋区で自民党票を削れば自分が当選できるとでも思ったのでしょう。

下村議員は証拠として平慶翔に署名させた上申書と
同じ筆跡だとわかる退職届を公表しました。

ここでちょっと参考として・・・


違法な天下り斡旋を行っていた事が判明
 ↓
官邸の温情で依願退職で済ませてもらった
 ↓
恩を忘れて逆恨みしてマスゴミと組んで安倍攻撃


これが前川助平のやっていたことです。


横領や器物窃盗などが発覚
 ↓
下村議員の温情で依願退職という形にしてもらった。
 ↓
恩を忘れて下村を攻撃させようと文春へデマを売り込み


これが都民ファーストの会の候補者である平慶翔のやったことです。


しかしながら平慶翔は証拠まで出てるのに
名前も住所の筆跡も違うと否定しています。

【自民党の下村博文幹事長代行の献金疑惑 情報漏洩元とされた元秘書、平慶翔氏が反論声明「文春側にデータ提供した事実ない」】
 自民党の下村博文幹事長代行が、学校法人「加計学園」からの献金に関する事務所の内部文書の漏洩(ろうえい)元の可能性を指摘した元秘書の平慶翔氏は29日、弁護士を通じて否定する声明を発表した。平氏は東京都議選で、地域政党「都民ファーストの会」から立候補している。要旨は以下の通り。

 1、私が週刊文春側に下村事務所のデジタルデータを提供した事実はない

 2、私名義の平成28年8月10日付の上申書は偽造文書だ。文書中の私の住所、氏名などは私の筆跡ではない

 3、私が、下村事務所において上申書に記載されているような犯罪行為を行った事実はない
(2017/6/29 産経新聞)


それでは下村議員が公表した上申書と平慶翔の退職届を御覧ください。
d0044584_124837.jpg

d0044584_1241931.jpg

筆跡が同じですね。

平慶翔の言い訳は産経の記事中では
> 2、私名義の平成28年8月10日付の上申書は偽造文書だ。文書中の私の住所、氏名などは私の筆跡ではない
となっていますね。

住所は黒塗りで潰されているんですけどねぇ・・・。

平慶翔の流したデマだということはほぼ確実でしょう。


そこでNHKは昨日の19:00のニュースで報道しない自由を発動させています。

他社はお得意の記者クラブ談合で
「それじゃ下村議員に寄付した匿名者の名前を明かせ!明かせないのは後ろめたい事があるからだろう!」
って路線で行くことをきめたのでしょう。

一斉にそちらの方のネタで騒いでいます。

匿名を前提にしたパー券の購入なら名前を勝手に明かすのは
それこそ信義に反する事ですので議員側ができないことをわかっていて
わざとこうやって言って
「疑惑は解明されていない!」
と騒ぎ続ける加計学園の件と全く同じ手法が使われています。


投票日までの残りの時間は下村からの証拠を無視して徹底的に
「下村がー、加計学園からの違法献金がー」
と騒ぐことで自民党へのネガティブキャンペーンを続けるのは間違いないでしょう。

どうせ訴訟には準備が必要になりますから投票日までに間に合いません。
なによりも下村が本当に訴訟に踏み切ったら
「平慶翔に騙されてました!」
と言って知らなかったことにして逃げるつもりでしょう。


一方で社長が民青あがりのガチの共産党員である文春は

【下村氏「文春記者が『情報源は元秘書』」 文春側は否定】
(2017/6/29 朝日新聞)

デマをこのまま押し切るつもりのようです。

裁判をしたら確実に負けるでしょうが、
時間がかかりますからね。
その間に全力で風評を流すってことなんでしょう。

特に週刊文春は稲田と下村という
安倍首相に目をかけてもらっている議員を目の敵にしてきました。

2015年の週刊文春の見出しの一部

2015年1月15日号 下村博文文科相「暴力団密接交際」企業からの献金が発覚
2015年3月05日号 安倍首相ショック!“お友達”下村博文文科大臣塾業界から「違法献金」
2015年3月12日号 “金庫番”秘書官からの会費督促、講演料30万円要求…
        「下村博文文科相はウソをついている」後援会「博友会」幹部が実名告発
2015年3月19日号 下村博文文科相「1200万円会費納入リスト」公開!
2015年3血26日号 下村粕歯カ文科相「政試。資金規正法違粕ス」で刑事告発bヨ
2015年4月02日号 下村博文文科相 歪む教育行政“癒着の構図”
2015年4月09日号 下村博文文科大臣 大阪桐蔭から接待攻勢を受けた有力支援者
2015年4月16日号 下村博文文科大臣 オカルト人脈と金脈“怪人”深見東州側から600万円献金
2015年4月23日号 下村博文文科大臣 女性秘書官と疑惑の後援会長が「ホテル密談」


安倍に期待されている下村はなんとしても潰したいという事なんでしょう。


デマだろうがなんだろうがマスゴミが攻撃対象を定め、
一方的に騒ぎあげ、その結果頭の弱い人は
印象操作にまんまと引っかかって
「よくわからないけどあいつって悪いやつじゃん」
と思い込む。

攻撃対象が反論をしてきても話をすり替えたり、
報道しない自由で知られないようにすることで印象操作を拡大。

マスゴミによる被害を救済する方法がありません。
これは松本サリン事件の時から何も変わっていません。


やはり報道犯罪に対してきちんと処罰を行い、
報道犯罪による被害を救済するために
報道犯罪については
それがデマであったことを一定期間大きく掲載扠せ続ける
というような処置を行わせなければならないようにすべきでしょう。



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓

バナー表示されない方はこちら(人気ブログランキング)をおねがいします。