これはひどい!マスコミは報じない? 左翼文春砲に下村博文が激怒で「嘘を書くな!選挙妨害で訴える。都民ファースト候補の元秘書は現金横領のトンデモないヤツ」。


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



--------------------------
「記事は全く事実に反する」 下村博文氏、会見で文春報道の「加計献金」疑惑を全面否定
元文部科学相で自民党の下村博文幹事長代行(東京都連会長)は29日、党本部で記者会見し、自身を支援する政治団体「博友会」が学校法人加計学園によるパーティー券計200万円分の購入を政治資金収支報告書に記載しなかったとする週刊誌報道を「全く事実に反する」と否定し、「学園から寄付もパーティー券の購入もしてもらったことはない」と述べた。
 
下村氏は、週刊誌が入手した内部文書については情報漏洩の疑いがあるとして、偽計業務妨害の罪などで刑事告訴を検討していることも明らかにした。
 
29日発売の週刊文春は、下村氏が文科相だった平成25、26年、加計学園が博友会のパーティー券計200万円分を購入したのに、博友会の収支報告書に記載がなかったとしている。
 
下村氏は会見で、パーティー券購入について「いずれも計11の個人、企業が1社20万円以下で購入し、秘書室長が現金を持参したので、領収書を作成した。加計学園が購入したものではない」と強調した。
 
一方、下村氏は報道に関し、地域政党「都民ファーストの会」から都議選に立候補した元秘書が内部文書を持ち出した疑惑があるとし、「選挙妨害と受け止めざるを得ない」と話した。(2017.6.29 産経新聞)
--------------------------
 
これは加計問題がどうのというよりも、これが事実ならば週刊文春と都民ファーストの会候補の元秘書による自民党に対する選挙妨害と受け取ることが出来る、とんでもないことだ。
 
ここに出てくる元秘書で都民ファーストの会の都儀候補とは平慶翔(下画像)のことだ。

イメージ 2
 
当初疑惑とされた週刊文春の「加計学園が博友会のパーティー券計200万円分を購入したのに、博友会の収支報告書に記載がなかった」というのは上の記事にある通り、加計学園が購入したという事実はない、ということだ。
 
しかし今回は、下村議員の会見で週刊文春と元秘書が窮地に追いやられることになった。この部分はなぜかマスコミが報じないので、一部文字起こしをしておきます。
 
以下、下村議員の会見の一部(上動画)---------------------
自民党の都連会長として、選挙の真っ最中の大事な時期に、事実に反する記事を掲載されること自体、選挙妨害がその目的だと受け止めざるを得ない。
 
特にこの記事は私の事務所の内部文書を文書ではなく、デジタルデータで入手した点に大きな関心を持っています。
 
記事ではエクセルの入金リストのデータ作成者と更新時期などを確認したとあることから、週刊誌が入手したのは内部文書のデジタルデータであるようです。そうすると事務所のパソコンに入っているデジタルデータを持ち出せるのは、事務所内部にいた者と考えざるを得ません。
 
本件記事の中には「事務所関係者」と称する者がいろいろと証言をしております。先週、週刊文春の記者が会館事務所に取材に来た際、事務所のスタッフとのやり取りの中で、内部情報を漏らしているのは、昨年、私の事務所を退職し、現在自民党以外から都議選に立候補した、私の元秘書であると認める発言がありました。
 
この元秘書については、マスコミ報道で、退職したのは事務所のカネを使い込んだからではないかとの報道がありますが、その通りです
 
元秘書は否定をしているようでありますが、本人が書いた上申書がありますので、元秘書の発言が嘘であることは明白です。この上申書に書かれていますが、もし元秘書が退職の経緯や理由について事実と違うことを言うなどして、事務所として対外的に説明しなければならなくなった場合には、元秘書がサインした上申書を公開しても構わないと了解を貰っておりますので、ご覧になりたい方は配布いたします。(ここで上申書をマスコミに配布する:下画像)
 
イメージ 1
 
 
重要なのは、元秘書が退職したのはカネの使い込みだけではなく、事務所のパソコンを隠したことも退職の理由です。
 
退職する際、この元秘書からパソコンを隠し、業務を妨害した事実についても上申書の中で謝罪させていますので確認をして頂きたい。
 
週刊誌に内部文書を提供したのは誰であるのかは現在特定できませんが、週刊誌が入手したのは事務所のパソコンに入っていたデジタルデータであったならば、内部の犯行である可能性は強く、パソコンを一時隠し持っていた元秘書に大きな疑惑を持たざるを得ません。
 
週刊誌が入手した入金リストや日報がデジタルデータで漏洩していたことが判明しましたので警察か検察に偽計業務妨害の刑事事件として告訴すべく弁護士に相談している。また週刊文春につきましても、都議会選の真っ最中にこのような記事を掲載すること自体が選挙妨害であり、名誉棄損に当たると考え、告訴することを準備している。
---------------------
 
 
週刊新潮(2017413日号)にはこのように書かれている。
---------------------
7月の都議選で小池新党の目玉とされる平慶翔氏。早くもトップ当選の前評判も聞こえるが、小池百合子都知事はご存じだろうか。彼の秘めたる脛の傷を。
過去にはテレビドラマ『3年B組金八先生』に出演。今年1月、サッカー日本代表の長友佑都と結婚したアモーレこと女優・平愛梨の弟でもある。
 
彼が出馬する板橋区は、自民党東京都連会長の下村博文氏のお膝元。現職の自民都議2人は下村氏の元秘書だ。対する平氏も、昨年8月まで約3年間、下村氏の公設第一秘書だった経歴を持つ。いわば小池知事が放った「刺客」なのである。
 
永田町関係者が継ぐ。「平氏は円満に秘書を辞めたことになっていますが、本当はカネ絡みの不祥事で事務所を解雇されたんです。でも、下村サンの武士の情けでね。対外的には平氏は実家の家業を継ぐという話にして、送別会まで開いてあげていましたよ」
 
下村氏に恩を仇で返すことは許されない話である
 
で、その後の平氏がどうしたかといえば、事務所を辞して僅か3カ月後のこと。古巣には内緒で次期衆院選愛知2区の自民党候補の公募に名乗りを上げたのだ。「案の定、公募選考では身体検査に引っかかり落選しました。それで、自民ではもう目がないと考えたのか、すぐさま小池新党へ寝返ったんです」(同)
 
後援者が言うには「彼は“板橋は自民の枠が一杯だから、下村さんが小池さんに頼んで『都民ファースト』から出馬することになった”と説明し、“自分は自民党ですから”なんて嘯いている。クビになった秘書を下村会長が応援するなんてあり得ない」
 
二枚舌を使って支持を集めようと必死なのである。
 
で、これらの話を当の本人にぶつけてみたところ「そんな事実は一切ありません。誹謗中傷の類があるのは聞いていますが……」と繰り返すばかり。
---------------------
 
市民活動家と組む素人集団の都民ファーストは最初から期待はしていないが、とんでもない人間を”刺客”にした。左翼文春砲もどうする・・・

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
これはとんでもない話だ、と思った方はここをポチッとお願いします。
                    イメージ 2