阿呆を大臣にするな・・安倍さん甘い

僕は自衛隊の仕事や手伝いをしてすでに10年間になるが、自衛隊員やその家族にとって
「防衛大臣」の風格や人格はとても重要な存在であり、そのために誇れるものも
苦労のタネに変わる
心配がある。

「眼鏡若作り」大臣はハイヒールで乗艦したり、今までの発言があまりにも現実を
知らない、勉強してない、と言うことの連発で、毎回三振とエラーを続けているような
野球選手に例えられるだろう。
しかし安倍さんは何でか、彼女をか可愛がってるとしか思えない。

一昨日、板橋区の区会議員応援演説で、「防衛省、自衛隊」と具体的な呼称を出したのは
公職選挙法違反だけでなく、野党にランナーもいないのにフライを打った。

都議会選挙は私は昨日投票してきたが、複雑怪奇、自民党が勝つのはとても難しい。
なぜ公明党が反対派に廻ったか、自民党議員に愛想をつかしたとしか思えない。
これは国政にまで続くと予測する。

と言って、小池さんが立ち上げた、半分共産党シンパ、半分何もわからない素人で
都議会を仕切れるわけがない。

オリンピックをひかえ、都民に恥をかかせるような結果は必至であるが、メガネの広告塔
みたいな人を可愛がっていては勝てない。b