ロシア海軍北方艦隊の原子力戦略用途水中巡洋艦ユーリー・ドルゴルーキーはバレンツ海からカムチャツカ半島へ弾道ミサイル"ブラヴァー"の発射訓練を行なった


『タス通信』より
2017年6月26日19時6分配信
【「ユーリー・ドルゴルーキー」はカムチャツカのクラ射爆場の全ての目標へ「ブラヴァー」を成功裏に命中させた】
モスクワ、6月26日/タス通信

北方艦隊プロジェクト955ロケット水中巡洋艦「ユーリー・ドルゴルーキー」は、バレンツ海から大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」の発射を成功裏に実行し、カムチャツカクラ射爆場に設定された目標へ成功裏に命中させた。
17-0627a.jpg
17-0627b.jpg
ロシア連邦国防省は月曜日に発表した。

「プロジェクト955ボレイ戦略用途ロケット水中巡洋艦ユーリー・ドルゴルーキーは、バレンツ海エリアの指定海域からカムチャツカのクラ射爆場へ、大陸間弾道ミサイル"ブラヴァー"の発射を成功裏に実行しました。
発射は、戦闘訓練計画に沿って水中位置から実施されました」
軍当局
は話した。

「大陸間弾道ミサイル"ブラヴァー"の弾道飛行のパラメータは、通常モードで動作しました。
これは客観的な監視により確認されており、大陸間弾道ミサイルの戦闘ブロック(弾頭)は飛翔プログラムの完全なサイクルを実行し、射爆場に設定された目標へ成功裏に命中しました」
ロシア連邦国防省
は指摘した。

前回の「ブラヴァー」発射は、(2016年)9月27日に行なわれた。
この時、巡洋艦「ユーリー・ドルゴルーキー」は、白海からクラ射爆場へ2基の大陸間弾道ミサイル「ブラヴァー」の一斉発射試験を実施した。
最初のミサイル戦闘ブロック(弾頭)は飛翔プログラムの完全なサイクルを実行し、射爆場に設定された目標へ成功裏に命中した。
2基目のミサイルは飛翔プログラムの第1段階を実行した後に自爆処分された。

「ユーリー・ドルゴルーキー」は、プロジェクト955(コード名「ボレイ」)のトップ艦である。
巡洋艦は兵装として、海洋配置大陸間弾道ミサイル複合体「ブラヴァー」、更には魚雷兵器を有する。
有翼ミサイルも装備できる。
巡洋艦の満載排水量は24000トン、全長約160メートル、幅13メートルである。

R-30「ブラヴァー」は、プロジェクト955潜水艦の為に特別に開発された固体燃料弾道ミサイルである。
それは、10000kmまでの距離へ、各150キロトンの威力の戦闘ブロック(弾頭)10個を運ぶ事が出来る。



[新世代戦略原潜ボレイ級(旧ブログ)]
[新世代戦略原潜ボレイ級]

16-0928a.jpg
プロジェクト955「ボレイ」原子力戦略用途水中巡洋艦の1番艦K-535「ユーリー・ドルゴルーキー」は、1996年11月2日に起工、2007年4月15日に進水、2012年12月29日に竣工、2013年1月10日に就役し、北方艦隊第31潜水艦師団に編入されました。
[新世代戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーはロシア海軍へ就役した]
[新世代戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーは北方艦隊第31潜水艦師団へ編入された]

「ユーリー・ドルゴルーキー」は就役後もセヴェロドヴィンスクに居たのですが、2013年9月3日夜にセヴェロドヴィンスクを出港し、ガジエヴォへ向かいました。
[新世代戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーは9月6日に駐留基地ガジエヴォへ到着する]

2013年9月6日、ガジエヴォ基地へ到着しました。
[新世代戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーはガジエヴォ基地へ到着した]

2013年12月5日、定期修理の為、セヴェロドヴィンスクへ戻ってきました。
[戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーはセヴェロドヴィンスクで定期修理を行なう]

2013年12月24日に修理を完了しました。
[戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーはセヴェロドヴィンスクでの修理を終えた]

2013年12月30日、ガジエヴォに到着しました。
[2隻のボレイ級戦略原潜はガジエヴォ基地に到着した]

その後の動向は公表されていませんが、2014年7月27日の「ロシア海軍の日」にはセヴェロモルスクで観艦式に参加しています。

2014年8月20日には2週間ぶりにガジエヴォ基地へ戻りました。
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーは2週間ぶりに基地へ戻った]

2014年10月下旬、セヴェロドヴィンスクへ入港し、「ブラヴァー」ミサイルを満載(16発)しました。
[ロシア海軍最新鋭戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーは弾道ミサイル「ブラヴァー」を満載する]

2014年10月29日にはバレンツ海からカムチャツカへ向けて弾道ミサイル「ブラヴァー」を発射しました。
[ロシア海軍北方艦隊の戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーはバレンツ海からの弾道ミサイル発射に成功した]

2015年10月15日には、2ヶ月以上に渡る北極圏航海~具体的には戦略核パトロールを終え、ガジエヴォ基地へ戻っています。

[ロシア海軍北方艦隊の新鋭戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーは2ヶ月以上に渡る北極圏航海を終えて帰港した]

2016年9月27日には、白海からカムチャツカ半島へ向けて2発の「ブラヴァー」を発射しました。
この時には、1基のミサイルは正常に飛翔し、弾頭はカムチャツカ半島の目標へ命中したのですが、もう1基のミサイルは、発射された当初は正常に飛翔していたものの、第1段ロケットを切り離した後に何らかの不具合が起こったらしく(第2段ロケットのエンジン点火に失敗?)、自爆処分されました。
[ロシア海軍北方艦隊の新鋭戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキーは弾道ミサイル"ブラヴァー"を2発同時に発射した]

そして2017年6月26日、「ユーリー・ドルゴルーキー」は、バレンツ海からカムチャツカ半島クラ射爆場「ブラヴァー」を発射しました。
同艦にとっては、通算で7度目の「ブラヴァー」発射となりました。

クラ射爆場



「ユーリー・ドルゴルーキー」は、2013年1月の就役よりも前に計4回「ブラヴァー」を発射しています。
[「全力全開」ブラヴァー発射試験(2010~2011年)]

2011年12月23日には、「ブラヴァー」2発を一斉発射しました。
[潜水艦発射弾道ミサイル「ブラヴァー」は一斉発射試験に成功した]


現在までに潜水艦用弾道ミサイルR-30「ブラヴァー」の発射は25回実施され、この内の7回は完全な失敗に終わっています。

1回目:2004年9月23日-成功
2回目:2005年9月27日-成功
3回目:2005年12月21日-成功
4回目:2006年9月7日-失敗
5回目:2006年10月25日-失敗
6回目:2006年12月24日-失敗
7回目:2007年6月28日-成功
8回目:2008年9月18日-成功
9回目:2008年11月28日-成功
10回目:2008年12月23日-失敗
11回目:2009年7月15日-失敗
12回目:2009年12月9日-失敗
13回目:2010年10月7日-成功
14回目:2010年10月29日-成功
15回目:2011年6月28日-成功
16回目:2011年8月27日-成功
17回目:2011年10月28日-成功

18回目:2011年12月23日-成功
19回目:2013年9月6日-失敗
20回目:2014年9月10日-成功
21回目:2014年10月29日-成功
22回目:2014年11月28日-成功
23回目:2015年11月14日-成功
24回目:2016年9月27日-部分的に成功
25回目:2017年6月27日-成功


「ブラヴァー」は、今後も改良と能力向上が続けられます。
[ロシア海軍の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)ブラヴァーは改良され、射程距離と弾道重量が増加する]