犬猫医者の力

日本に所謂「犬猫病院」はどれだけあり、医者は足りているのか。

少なくとも、僕の家の近所、歩いて行ける範囲には2診療所、しかしペット屋、ペットホテル、
ペット美容室などの産業の店は驚くほど多くある。

死んだ叔父は獣医学部教授で農学博士号も取ったが、単なる犬好きで、犬の病気やケガを
看たとは聞いてない。ちなみに医学部を志望していたが、山村には馬、牛などの家畜専門の
先生が必要でしかたかく行ったと。

加計学園獣医学部は犬猫医師になるために学ぶところではないか。

僕は獣医学部は犬猫病院の団体が反対して、左翼である文部省に圧力をかけていた
のだと思う。
獣医の資格を取るのは大変だろうが、犬猫には保険もなく、僕が犬を飼っていたころ、
具合が悪くなり、近所の犬猫病院に連れて行ったら、「即手術、入院費はこれこれ」と
とんでもない金額だったことを覚えている。
イメージ 1


加計の問題は岩盤規制の特区だけの問題ではなく省庁の問題でもありそうだ。

ちなみに犬にも寿命があるので、弱っても仕方がない。