特区諮問会議の民間議員が前川前次官に反論会見→ワイドショーは無視

★特区諮問会議の民間議員が会見
 前川前次官に反論

 NHK 6月27日 4時17分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170627/k10011031421000.html
国家戦略特区での獣医学部新設の決定に関わった
諮問会議の民間議員ら
が26日夜、記者会見し、
国家戦略特区を活用して規制緩和を推進する
重要性を訴えました。
また、文部科学省の前川前事務次官が
「行政がゆがめられた」などと述べたことについて
極めて違和感があるとしたうえで、
ゆがめられていた行政を
国家戦略特区の枠組みで正した
と反論しました。

記者会見したのは、国家戦略特区での
獣医学部新設の決定に関わった諮問会議の
民間議員を務める大阪大学の八田達夫名誉教授や、
竹中平蔵東洋大学教授らのほか、
特区に指定されている福岡市など6つの
地方自治体の長らです。

この中で、八田氏は
「獣医学部の規制は既得権による岩盤規制の
 見本のようなものであり、
 どこかでやらなければいけないと思っていた。
 『1つやればあとはいくつもできる
 というのが特区の原理で、
 1校目は非常に早くできることが必要だった」

と述べました。

また、
竹中氏は文部科学省の前川前事務次官が
先の記者会見で「行政がゆがめられた」などと
述べたことについて、
「最初から最後まで極めて違和感がある。
 今回の決定プロセスには1点の曇りもない」
と述べました。そのうえで、竹中氏は
「『行政がゆがめられた』と言っているが、
 『あなたたちが52年間も獣医学部の
  設置申請さえも認めず
  行政をゆがめてきたのでしょう
』と。
 それを国家戦略特区という枠組みで正した。
 2016年3月までに結論を出すと約束したのに
 約束を果たさず、『早くしろ』と申し上げたことを
 『圧力だ』と。それは違う」

と反論しました。

また民間議員らは、重要な話し合いであれば
議事録を作り出席者が確認するが、
問題となっている文書は
「誰かが書いたメモで、
 立場が違う当事者が同意したものではない」

と指摘したうえで、
省庁間の議論などは双方がサインする形で
残すようにすべきだと指摘しました。

一方、地方自治体の長らは、
時代に合わなくなった規制を緩和し
全国展開するうえで国家戦略特区の意義は
極めて大きいとして、
取り組みを推進する必要性を訴えました。

(引用ここまで)


何故か、この会見の報道はしないで
安倍首相が「獣医学部新設を2校3校と
意欲あるところに広げていく」と言ったケシカラン!
野党が怒っているぞと偏向報道。
街頭インタビューのオバチャン達に
「アベ総理がちゃんと説明していないから悪い」
と語らせ、
視聴者と同世代?のオバチャンを登場させた
同調効果を狙うTBS・ひるおび!




 tamakiDDEtknyUAAAW1UL.jpg
昔は、こんな事を言っていたのですがね…

★【加計学園問題】
 「しっかり止める」 獣医師連盟から
 献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、
 獣医師会総会で
 獣医学部新設阻止を“約束”

 http://www.sankei.com/premium/news/170522/prm1705220008-n1.html




★獣医師養成系大学の設置に関する
 規制緩和を求める意見書

 愛媛県議会 第333回(平成25年9月)定例会
 http://www.pref.ehime.jp/gikai/katsudou/honkaigi/no333/giin_list/list001.html


今治市の獣医学部誘致には
愛媛県獣医師会も賛成し要望していた!
「四国圏域における大学獣医学部の設置は、
 獣医師の地域偏在の是正、畜産振興や
 新たな産学官連携関連業種の集積促進の誘引、
 新産業・新事業の創出による地域の活性化、
 四国地域における教育の機会均等の
 確保が図れるとして、地元の期待は大きく、
 県獣医師会からも強い要望がなされている


100万円の献金を貰って「行政をゆがめた」のは
玉木議員ら民進党の政治家でしょう?

京都産業大学を門前払いしたのは文科省。

★国家戦略特区ワーキンググループ
  ヒアリング(議事要旨)

 平成28年10月17日(月)11:11~11:43
  http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/teian/161017_gijiyoushi_01.pdf
大西 辰彦 京都産業大学副学長
大槻 公一 京都産業大学教授



農水省・文科省の課長達との獣医師需要予測に
座長の大阪大学の八田達夫名誉教授と
東京大学大学院農学生命科学研究科
本間 正義教授の、官僚へのイライラ感
読んでいて伝わる会議。

★国家戦略特区ワーキンググループ
  ヒアリング(議事要旨)

  平成28年9月16日(金)
 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_gijiyoushi_2.pdf
<関係省庁>
浅野 敦行 文部科学省高等教育局専門教育課長
辻 直人 文部科学省高等教育局専門教育課長補佐
磯貝 保 農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課長
大石 明子 農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課長補佐
(中略)
○八田座長
 それは先ほど本間先生がおっしゃったように、
 その能力があるかどうかを検査すべきで、
 そこで仮に数が多過ぎて競争によって
 だめな獣医師が退出して、優秀な獣医師に
 置きかえられるのは大いに歓迎するべきことです。

 実際問題として、今、例えば日本はバイオに関する
 研究者はすごく不足しています。
 医者が制限しているため不足しているので、
 結局、理学部の出身の人がバイオ研究を
 支えているわけですけれども、
 獣医からも来てほしいわけです。
 日本のバイオの研究の根底がそういう、
 医学部や獣医学部の既得権を持った人による
 供給制限で押さえられているわけです。
 
 文科省はそんなところを見るべきでない。
 やはり日本の研究水準を上げることを
 第一に考えられるべきではないでしょうか。


○本間委員
 私も全く同じこと。繰り返しになりますけれども、
 要するに獣医師が増えるか増えないかということは
 文部省のマターではないということです。
 いみじくもライフサイエンスという言葉を使っている
 わけですから、これは
 医学、獣医学、理学、薬学等がまさに一体となって、
 これまでのような縦割りあるいは枠ごとの
 サイエンスで中でやっていくというのではなくて、
 相互にコラボレートする必要があるので、
 その中で獣医学を考えていかないと、
 今後の日本の獣医学そのものが
 相当に遅れてしまうという懸念も持っています。

 ぜひそこは枠を超えた形で、定員管理の話は
 別の話として、ないしは考慮に置かずに
 日本の研究レベルを上げるという観点から
 ぜひ御検討いただきたいと思います。

○八田座長
 それから、研究レベルを検討するときに、
 国内の囲まれた学者の意見だけ聞くのではなくて、
 国際的な評価を御覧になるべきだと思います。
 それも重要で、特にこの新しい獣人共通のような
 分野で本当に日本の研究が進んでいるのか
 どうかということは御覧になるべきで、
 向こうの議論、既得権を持った人に対する
 議論を突破するためには、
 そういう国際的な見地あるいは知見を
 お使いになるということは
 重要ではないかと思います。


(引用ここまで)




>『1つやればあとはいくつもできる』
 というのが特区の原理


まずは特区で風穴を開けて、
京都産業大学のように、やる気のある大学の
審査を進めていけば良い。

唐木教授が告発したように
http://president.jp/articles/-/22413

岩盤規制の恩恵で、
黙っていても学生が入って来るからと
定員数を水増しして、施設設備が足りないまま
教室に入りきれない学生や
臨床実習を遠くから眺めなければならない学生を
卒業させている私立大学こそ問題!


そんな大学に、四国や九州、西日本から
高い授業料と家賃と生活費を仕送りして
使い物にならない方が、学生も保護者も悲劇だわ。

8000万円の満額退職金を貰った後で
「決定のプロセスが問題だった」などと
チヤホヤするメディアに自慢話をしている
暇があったら、日本の将来を考えなさいっての!


富山医科薬科大学医学部看護学科教授定年退職後
フリーの生命倫理、ホロコースト研究者
安倍政権に危機感を抱きツイッターを始めたという
澤田愛子氏

maekawaDDPwhCDUQAAdZXr.jpg

maekawaDDPwhCFU0AAiSft.jpg

松尾貴史と同じ症状の
アベニクシー型認知症だわ。

この人は、万年健忘症。

 maekawa.jpg




政治ランキング