タカタが破綻 負債総額1.7兆円

欠陥エアバッグ問題で経営が悪化しているタカタは26日午前、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理された。

 東京商工リサーチによると、負債総額は自動車メーカーが立て替えているリコール(回収・無償修理)費用を含めて約1兆7000億円に上る見込み。世界の自動車の安全を揺るがした空前の大規模リコール問題は、製造業で戦後最大の経営破綻に至った。

 連結子会社のタカタ九州(佐賀県多久(たく)市)、タカタサービス(東京都港区)も同時に民事再生法の適用を申請した。米子会社のTKホールディングスなど12社も米連邦破産法11章(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。

 高田重久会長兼社長は26日午前、東京都内で記者会見し、「全ての関係者、債権者の皆様にご迷惑をおかけすることになり、心より深くおわび申し上げる」と頭を下げた。自身の進退については「事業譲渡の実行までの適切な時期に経営責任を取って辞任し、次期経営陣に引き継ぐ」と述べた。