ゴミの中から1千万円は実は2千万円だったパート5人を窃盗容疑で逮捕

奈良県御所市の廃棄物処分場で先月、ゴミの中から見つかった現金1千万円について奈良県警高田署は23日、実際に見つかったのは2千万円で、施設のパート従業員5人が山分けして盗んだとして、窃盗容疑で60~78歳のパート従業員の男5人を葛城区検に書類送検した。

1千万円のみを見つけたと届け出ており、「半分なら見つからないと思った」と容疑を認めているという。

送検容疑は5月23日午後10時半ごろ、60歳の男が現金2千万円を発見し、1千万円を窃取。翌日午前2時ごろ、4人と共謀して残り1千万円を盗み、山分けしたとしている。

同署によると、発見した男は26日に、実際は2千万円だったことを仲間に告白。

持っていた1千万円のみを男性上司(62)を通じ拾得物として届けたが、29日に「こんな騒ぎになると思わなかった」と上司に打ち明け、上司が署に相談したという。

5人のうち3人はテレビ購入代などに計15万円を使っていたが、985万円は署が回収した。同署で引き続き、経緯や持ち主を調べている。

良い奴らか悪い奴らか分からん