米司法省、国務省外交保安局特別捜査官逮捕

22日司法省は、米国の防衛に関わる秘密情報を中国に売り渡したとして、バージニア州リースバーグの米国務省外交保安局元特別捜査官ケビン・マロリー被告(60歳)を、逮捕・起訴した。
 同被告は、今年3月から4月にかけて中国・上海に旅行した際、中国の情報機関員に機密文書を売り渡したとされる。
 問題となっている文書の出所や内容は明らかにされていないが、「防衛情報」とされており、マロリー被告はこの対価として2万5000ドル(約280万円)を受け取った。
 同被告は、米陸軍を経て米外交家NY亜訪米した外国要人の警護、国務省職員のセキュリティー関連事件の捜査などを担当する国務省外交保安局の特別捜査官になり、退官後は様々な政府機関から仕事を請け負っていた。
 標準中国語を流ちょうに話せる同被告は、2012年まで、中国、台湾、イラク、米首都ワシントンで、「極秘情報」を閲覧できる立場にあった。米紙ワシントン・ポストは、同被告が中央情報局(CIA)に勤務していたと報じている。
 起訴状によると、マロリー被告は、今年2月ソーシャルメディアを通じて中国側の「リクルーター」と連絡を取り、翌月からの上海への旅行と中国の情報機関員との面会を手配させたという。
 同被告は、外国政府への防衛情報引き渡しと連邦捜査局(FBI)捜査官に対する虚偽の陳述の罪に問われている。
 『中国スパイ秘録』によれば、中国の諜報活動の原則は、〔喫鷭掘↓飛び込みを受け付けない。7鯀瓦平佑鯀ぶであったが、最近は飛び込み歓迎、報酬を出すようである。経済大国となり、情報の入手に手段を選ばなくなった。

注:「中国に防衛秘密を売った元国務省職員を逮捕・起訴、米国」http://www.afpbb.com/articles/-/3133097
  「中国、CIA情報源殺害」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65910004.html
  「米女性外交官、ハニー・トラップ?」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65857214.html
  「中国航空会社元女性幹部、中国軍の密輸関与で逮捕」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65620780.html
  「中国スパイ秘録」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/63284398.html