あの渡辺喜美が選ぶということはやっぱりハズレだな

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
----------
籠池が2万円のメモ帳ことニセの100万円札束を作っていた件で
偽物だとすぐにバレたためか、
翌日になってから籠池がカメラの前で別の本物の100万円を出して
あれはわざと作っていった偽物という事にしていました。

これでパヨク界隈が
「別に100万円を用意していたから偽物とか言ってたヤツはデマ!」
ということにしていますが、
こういうのを世間では恥の上塗りと言います。

それだったらなんでニセの札束の封筒を渡そうとしてたんですか?

偽物だとバレてしまってから翌日に
「実はこうでしたー。みんなバカじゃねーの!?」
なんてやってるのは実に愚かな事です。

やっている当事者達はそれで誤魔化せているし、
むしろ反撃できると思っているのでしょうが、
周りの人達は自分達が思っている以上に呆れている
ということに気付かないものです。哀れですね。


そもそも100万円寄付を貰ったという話だって
そのうちから10万円はその場で昭恵夫人に渡したので
90万円というのは籠池自身が言っていた話です。

その設定を自分で壊しているのですから笑わせてくれます。

こんなのの話を信用出来るとか言い張って
国会の内外で偉そうにしゃべっているのが民進党、共産党、社民党、自由党の議員達です。
いま改めて聞いてみたいですね?
「信用出来るって言い切りましたよね」と。

籠池は封筒にこんにゃくを入れて鴻池に渡しに行けばウケたでしょうに。


さて、維新の会から比例で当選させてもらっていた渡辺喜美が除名されるようです。

小池人気に便乗して再びキャスティングボートを握る立場になろうと
小池に協力するために離党するということで、
これが維新の会の怒りを買ったようです。

渡辺喜美と言えばいまだに地元で渡辺美智雄Jrと言われる事があるほど
親の七光りで食ってきただけの人です。

ブログ主は人物評をするにあたってはその人物の軌跡を大切にします。

人間というのは短期間で変わる人も希にいますが、
その本質的な部分というのは大きくは変わりません。
ですので過去にどういうことをやってきたかで考えます。

かつてリクルート事件というものがありました。

多くの有力政治家がリクルートから未公開株を受け取っていた件ですが、
総理有力候補の一人だった渡辺美智雄はこの事件の際には
彼は受け取ってはいませんでした。

ところが当時、渡辺美智雄の秘書をやっていた渡辺喜美は、
父にも知らせずこっそりと未公開株を受け取っていました。

この事が表に出てしまい、息子を守る為に渡辺美智雄が実質的に責任を被りました。

これでせっかくリクルート事件で周りの有力者が軒並み転んでいて
総理の椅子が近づいたと思っていた渡辺美智雄から総理の座が飛んでいってしまいました。

この後、渡辺美智雄は病に倒れ、渡辺喜美が世襲として地盤を引き継ぎました。

渡辺喜美は第一次安倍内閣で行革担当大臣に就任しました。
また、福田内閣では特命大臣として金融担当に就任しました。

一方、このとき米国ではサブプライムローンがいつはじけるかわからない
という問題が浮上していました。

そこで米国は日本の金に目を付けました。

金融担当だった渡辺喜美は勝手に米国側に日本の外貨準備金を提供する約束をする
というゴマすりをしてきました。

これに慌てた福田首相は内閣改造で渡辺喜美を担当大臣から外しました。

それでも一度美味しい約束を取り付けたと思っていた米国が諦めるはずもなく、
結局改造後1ヶ月で福田康夫は辞任。
これにより日本側の窓口を実質的に不在にしました。

この頃、韓国はデフォルトの危機にありました。
そこでサブプライムローンの爆弾をなんとか誤魔化したい米国を騙そうと
リーマンブラザーズを引き受けるという話に手を挙げました。

これで機嫌を良くした米国は韓国の債権の返済に猶予を付けるなどしました。

うまく米国の機嫌を取ってデフォルトを回避できた途端に韓国は
「やっぱリーマンイラネ」
とリーマンブラザーズの件について白紙撤回しました。

これによってリーマンブラザーズの破綻から
世界的に衝撃をあたえたリーマンショックが発生しました。

福田の次に首相になった麻生の組閣の際に
自分は再び大臣になれるはずだと考えていた渡辺喜美でしたが、
福田康夫からの助言があったようで一切役職をもらえませんでした。


一方でマスゴミはというと民主党政権を作るため、
そして保守系の麻生を潰す為に徹底的なネガキャンをすぐさま始めました。

渡辺喜美はこれに乗っかってすぐに後ろから麻生を撃ち始めました。

マスゴミはこれを利用できると次の総理にしたい人の一位が渡辺喜美。
というキャンペーンを行うなどしました。

これに調子に乗った渡辺喜美はさらに政権を後ろから撃ちまくります。

一方、今すぐにでも権力が欲しい小沢一郎が何もしないはずがなく渡辺喜美に接触。
小沢としては自民を割らせて今すぐにでも権力を握りたいという考えだったのでしょう。

渡辺喜美は自民党を割るという動きを取り始めました。
マスゴミに持ち上げられて調子に乗っていた彼は
自分の力で自民を割って与党過半数割れにして
自分がキャスティングボートを握る事で総理になれると考えたようです。

渡辺喜美は麻生首相が国会で審議に立っているので官邸に居ない事を知りながら、
テレビカメラとともに改革の意見書を持って官邸に入らせろと言い出して、
警備の人間に「いまは不在ですのでお会いできません」と面会を拒否させ
「意見をする人間には全く会おうともしない麻生太郎」
という茶番を報じさせました。

ま、当時の警備は
「総理でしたらいま国会の方に出られていますのでお話があるのならそちらへ」
と言っていたのですが、マスゴミはトリミングしましたね。

渡辺喜美は自民党を割ろうと離党しますが、
ついてくる人はほとんどおらず、
政党を作ろうにも政党要件を満たすことができず、
とりあえず橋本龍太郎の元秘書官でありながら
自民の不人気の際に離党して無所属になっていた江田憲司と手を組みました。

一時的にとは言え、マスゴミに持ち上げられまくったこともあり、
(単に自民を割らせる為におだてられたと理解できない程度が喜美の器の限界)
2009年の総選挙ではみんなの党は政党要件を満たすことに成功しました。

首班指名においては野党でありながら
隙あらば与党入りしようと目論んで鳩山由紀夫に投票したり、
民主党政権が強行した宮内庁所蔵の「朝鮮王室儀軌(写本)」を
韓国に引き渡す国会決議に党を挙げて賛成に回るなどしていました。

マスコミがそうした部分を報じるはずなどなく、
2008年末から一定期間持ち上げられてきた事の影響もあり、
みんなの党は党勢を拡大していきました。

民主党政権の時に行われた党首討論では
谷垣禎一の好意により自民党の持ち時間を分けてもらう形で
党首討論に参加させてもらったのに
開口一番に自民批判をして自分はそんなクソな自民より価値があるのだというアピールをしようとするも
これが大ブーイングを浴びる結果となりました。
(自民から討論時間を分けてもらったのにいきなり自民批判ですから当然でしょう)

また、世襲議員でありながら世襲批判を繰り返すということもやっていましたが、
2013年の参院選には甥っ子の渡辺美知太郎を参院選に擁立しました。

その頃、調子に乗り始めた渡辺喜美の嫁は公私混同が激しく、
党のお金やら党内の意思決定にまで関与するようになるものの
渡辺喜美はこれを一切止められませんでした。

傲慢でエリートを鼻に掛ける田憲司がこの状況で黙っているはずがなく、
党内で内々に苦言を呈するのではなくテレビカメラの前で暴露しました。
また、8億円の熊手などと揶揄された暴露話なども出始めてしまい、
渡辺喜美は江田憲司一派を除名するなどしましたが、
渡辺喜美は党代表の辞任を余儀なくされました。

基本的に選挙互助会として集まっていた党であったため
人気を失った党に未練などあるはずもなく、
離党者が相次ぎみんなの党は崩壊。

2014年の総選挙の前にみんなの党は消滅し、渡辺喜美も一無所属議員となりました。

ただでさえ渡辺美智雄の七光りだけでやってきた渡辺喜美だけに
虚飾が剥がされた渡辺喜美に残された実際には実績ゼロという現実。

2014年の総選挙では安倍人気に便乗しようと、
安倍と仲良しみたいなことをアピールしたり、
安倍の改革は自分が必要みたいなことを言い出したりと
必死に地元の票集めを始めました

しかし、マスゴミが自民を割らせる為に持ち上げていたことによる熱が冷めた地元有権者は
渡辺喜美を落選させました。


その後、2015年から活動を再開し始めた渡辺喜美は
2016年の参議院選挙で維新の会の比例から出馬し当選して今に至ります。


今回離党するにあたっては
かつてみんなの党の時に離党者に対して
「比例で当選した議員は議席を返せ」
と言っていた事を蒸し返しておきましょう。

自分をアピールする為には人を批判する事くらいしか能が無く欲深い。
人には厳しいが自分についてはとことん甘い。
それが渡辺喜美です。


今回は小池が都議選で勝って国会でのキャスティングボートも握ろうと
国政に刺客を擁立してくるはずだから
その時には自分がその先頭に乗っかってやろうと
そういう考えからの離党でしょう。

新聞とテレビしかみていないとこの程度の判断になるんだろうと思います。


豊洲に不要な工事を追加することで時間を稼ぎつつ移転&築地も活用
(でも結局は判断は都議選以降ということで先送り)
という今回の小池都知事の
移転派も移転反対派もともに小池を批判する事になった
ある意味で奇跡の一手によって
反日サヨクグループを勝たせたいがために小池を持ち上げていたテレビですら
小池都知事を擁護しきれなくなっていますので
小池ファーストの会も崩壊はそれほど遠くないとブログ主は考えています。


40ヶ月で工事するはずだった環状2号線が
小池都知事が時間を浪費することによって
24ヶ月での突貫工事かつ、本来の計画通りではないので
(地下を通すはずが地上になる予定になったため)
五輪後に再び工事するという事になり時間と金の無駄です。

サンスポの取材に小池知事は
「豊洲に移転することばかりを書かれてきましたが、私の心は築地にあるんです。築地再開発のための豊洲ということです」
と発言しているようです。

豊洲移転派も移転反対派もバカにされてると思っちゃうでしょうね。
豊洲移転反対派の中心は「移転したくないから豊洲移転反対」
というものなので
豊洲に移転してから5年後をめどに再び築地なんて考えていないでしょう。

先送りして良い問題と先送りしてはいけない問題があり、
小池都知事は先送りしてはいけないものを選挙に利用しようとして
先送りし続けた上に「さらなる時間稼ぎを決定」しただけです。

どう考えても最悪の一手です。
これでうまくいくとはとても思えません。

当初は小池人気に乗っかって安泰と思っていた公明党も
あわてて電話作戦などを強化しようとしています。

みなさんも選挙の時によくある創価の人が
OB面して突然連絡を取ってくるとか職場に顔を出してくるとかあると思いますので
適当に聞き流しておきましょう。



↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓

バナー表示されない方はこちら(人気ブログランキング)をおねがいします。