小池都知事の底が知れてしまった。と、そう私には思われてなりません。

と言うわけで。
前回は東京都議会。小池さんの話だったんですけれど・・・。
んー。もうちょっと丁寧に書けばよかったですよねぇ。失礼しました^^;

いやいや、私としても小池さんの主張には本当にビックリしてしまって・・・。
うん。本当にね。
どうして小池さんを誰も止めなかったんでしょうねぇ。どう考えても自爆だと言うのに。
文字通り『策士策に溺れる』のド真ん中を小池さんは突っ走っている状況です。

えーと。いつぞやにも小池さんの話題で、チラッと書いたんですけどね。
政治を実行する手段が政治的な駆け引きだけだ。と思ったら大間違いです。
ついでに言えば、政治的な駆け引きは決して万能の手段では無いんです。
明確なリスクが伴う手段である事を、自覚した上で用いるべきなんです。
これは政治家として基本的な事であって・・・小池さんは、その事すら理解していません。


本当に・・・止めてあげればよかったのにねぇ。
なんで誰も止めなかったのかな?これでは本当に小池さんの政治生命が終わります。
ここまで問題を長期化させておきながら、築地も豊洲も両方残すだなんて。
そんな中途半端な決着で終わるわけがないと言うのに・・・。
でまあ、そんなわけで。
もう少し前回の話を続けたいと思います。それでは参りましょう^^


まず最初に。これは重要な事なので改めて申し上げておきます。
政治的な駆け引きが万能の手段である。などと思ったら大間違いです。
そんな事を本気で考えている政治家がいるのだとすれば。
その政治家は、自分が二流三流の政治家です。と大声で宣言しているようなものです。

政治とは人の意思。人の心によって実行するべきものであり。
政治的な駆け引き。ひいては国家権力と言うのは単なる手段でしかないんです。
なので、駆け引きさえ上手ければ。権力さえあれば何でも出来る・・・わけじゃないんです。

そもそもの話としても国家権力は国民から信託されているだけのものであり。
断じて一個人が保有出来るようなものでは無いんです。
この点を忘れなければ、政治的な駆け引きが万能の手段だ。みたいなバカな発想にはならない。
・・・ならないはずなんです。


いやまあ、もちろんね^^;
私だって別に政治的な駆け引きが絶対にダメだ。と言うわけじゃないんですよ?
時と場合においては、政治的な駆け引きも必要で御座います。
その有用性。有効性についてまで私は否定するつもりはありません。

が。

政治的な駆け引きを実行するのならば、そのリスクもまた理解するべきなのです。


今回の築地市場の豊洲移転問題について。
この問題と言うのは・・・まあ、はっきり言ってしまえば。
基本的には政治的な駆け引きの産物であり、いわば小池さんの政治家としての集大成です。
この問題に関する全てが、小池百合子と言う政治家の実力だと表現しても良いでしょう。

まあ、私は安全保障の立場であって。地方行政とは正反対の位置にいる人間ですので。
あんまり自分とは関係ないよなぁ。と思って話題として取り上げなかったんですが。
・・・まっ。蛇の道は蛇って奴です^^;
この点については一定レベル以上の政治家が、誰もが理解している事でした。
なので、実を言えば政治的な話題としては今更そこまで驚く事ではありません。
ただし。
問題それ自体としては、今更そんなに驚く事では無かったんですけれど。
小池さんの問題の扱い方。政治家としての振る舞いが大問題であるわけなんです^^;


うん。前回に私が大騒ぎしたようにね。
小池さんの主張。築地も豊洲も両方残す。と言う主張については。
これは政治家として大いに問題があります。

今回の都議選と言うのは、この豊洲移転問題の最終期限。まさにタイムリミットです。
ですから、政治家として決断を下し、その決断に責任を背負うと言う姿勢。
小池百合子と言う一人の政治家としての有様。生き様を示す必要があったわけです。
そんな一世一代の大勝負と言う舞台にあって、築地に残すか。豊洲に移転させるか。
そのどちらも選ばぬまま。両方とも残します。・・・なんて主張をしてしまったんです。
果たして。
どれほどの人間が小池百合子さんに失望してしまったのか。私にはわかりません。


あの・・・これも前回にも書きましたけどね。
この築地も豊洲も両方残す。と言う主張が現実的な手段として成立しているのならば。
具体的な計画もあって、準備万端で今すぐにでも実行出来るし。
それが築地に残すよりも。豊洲に移転するよりも。遥かに素晴らしい結果になるはずです。と、
そのように次の都議選でも主張出来るのならばね。それなら何の問題も無いんです。
でも、そうじゃないでしょう?
特に何の計画も無く、当然ながらサッパリ準備もせず。いつ実行出来るかわからない。
必然的に築地と豊洲の両方を残す事が、素晴らしい結果になるかどうかもわからない。

これでは・・・政治家として決断を下した。などとは到底言えませんし。
あまりにも無責任過ぎる。こんな事は私も言いたくありませんが、政治家として失格です。


だから、どっちかにするべきでしたね。
あくまでも自民党が間違っている。として築地を残す。と宣言するか。
あるいは、自民党と密約を交わして、豊洲に移転する。と宣言するか。
そのどちらかを小池さんは選ぶべきだったのです。
うん。そうですね。本気で政治的な駆け引きをやるなら、どっちかしかありません。

それで前者の場合は都民が完全に犠牲になりますし。
後者の場合は都民を完全に騙す事になります。
うん。そうです。どっちを選んでもロクでもないんです^^;
ロクでもない。と言うリスクが、常に政治的な駆け引きには介在しているものなんです。

・・・って言うか。
そのロクでもない。を隠すために政治的な駆け引きがあるんですけどね^^;
ロクでもないものを隠さないと日本の国益を守れない場合。
その場合に用いる苦肉の策。それが政治的な駆け引きと言うものなんです。
そんなわけだから、決して政治的な駆け引きって万能の手段じゃないし。
まして安易に多用するべきものでも無いんです。

これが理解出来ない政治家って多いんだよなぁ・・・ホントさ^^;

まあ、それはともかく重ねて申し上げます。
築地も豊洲も両方残す。などと言う非現実的かつ荒唐無稽の主張である事など一目瞭然。
そんな主張をするなど自爆も同然です。

・・・うーん。おそらくですが小池さんの考えではね。
豊洲に移転しつつ築地の扱いを決める。と言う事にして、色々と誤魔化そうとしたんでしょう。
ええ。そうですよね?
普通に豊洲に移転する。と決断してしまっては都民から反発もされるでしょうし。
自民党からも無駄に時間を浪費したと批判されるでしょうから。
次の都議選において、そうなってしまう事を小池さんは恐れたんでしょう。

だから、あえて築地を残す。と発言して自民党と異なる計画。
さも自分の計画の方が自民党よりも優れている。自分が正しい。などと。
次の都議選で主張するつもりだったんでしょう。
・・・甘いですね。実に甘い見通しです。
これを政治的な駆け引きだ。なんて誰に対して有効なのか。私にはわかりません。


よろしいですか?
次の都議選では、自民党は安倍総理を筆頭にオールスターで戦うんですよ?
天下の自由民主党が、本気の本気で戦うと宣言しているんです。
だとすれば、この小池さんの無責任な主張を、見逃してくれるわけがないでしょう?
まず間違いなく次の都議選の争点は。
築地も豊洲も両方残す。と宣言した小池さんの主張が選挙の争点になります。

この小池さんの主張が現実的に実現可能で、なおかつ有効な手段であるのか否か。
自民党の計画よりも本当に優れた計画であるのかどうか。
その点を自民党は容赦なく。徹底的なまでに追及してくる事でしょう。
ええ。そうですとも。
今まで小池さんが豊洲移転と言う自民党の計画を批判して追及したのと同じように、です。
まったくもって因果応報。小池さんは石原さんと同じ立場になったんです。

・・・念のために言っておきますが、自民党の追及はハンパじゃありませんからね?
よくよく覚悟しておかれる事です。



まっ。何を言っても後の祭りですけどね。いやはや^^;

それでは本日はここまでにしておきましょう。皆々様。おやすみなさいませ^^