イチゴ品種、朝鮮人に騙された結果、日本の損失は220億円。


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ 1

------------------------
イチゴ品種 韓国に流出 損失5年で220億円 農水省試算
イチゴ品種が韓国に流出したことで、日本の輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失があったとの試算を農水省がまとめた。農水省によると、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種を基に開発した品種。
 
栃木県の「とちおとめ」や農家が開発した「レッドパール」「章姫」などが無断持ち出しなどで韓国に流出し、韓国はそれらを交配させて「雪香(ソルヒャン)」「梅香(メヒャン)」「錦香(クムヒャン)」という品種を開発した。アジア各国への輸出も盛んで、日本を上回る。
 
農水省は、日本の品種が流出していなければ韓国の品種も開発されず輸出もできないと想定。昨年1年間の日本産イチゴの輸出額は11億円のため、5年間に換算するとこの約4倍に当たる。
 
品種登録できていれば品種開発者が得られていたロイヤリティー(許諾料)は年間16億円だったと推計した。韓国には品種登録制度はあるが2012年までイチゴは保護対象になっておらず、流出前に日本側が品種登録できなかった
 
品種登録していれば、栽培の差し止めや農産物の廃棄を求めることができるが、登録していないため、こうした対抗策が取れない。
 
国際ルールでは、植物新品種は販売開始後4年までしか品種登録を申請できず、速やかな出願が重要になっている。だが、育成者が申請料や手続きに負担を感じていることが課題になっている。(2017.6.20 日本農業新聞)
-------------------------
 
朝鮮人が日本のいちご農家を騙したことはすでに知られている。

簡単におさらいしておくとこういうことだ。・・・
愛媛県のイチゴ農家の西田朝美さんは、6年かけて「レッドパール」を開発した。

平成5年頃、朝鮮人が来て西田さんに「レッドパールの苗を5年間、有料で栽培させてほしい」と言ってきた。

イメージ 2


しかし西田さんは「これは絶対渡せない」と断ったが、この朝鮮人が「何とかしてほしい」と拝むように熱心に頼み込むので「では、あなた以外には契約しないと約束してくれるなら」ということで苗を渡した。
 
しかしこの朝鮮人は約束を守らず、他の朝鮮人にこの苗を渡した。やがてレッドパールが「おいしい」と韓国中で評判になり、韓国のいちご市場の8割を占めるまでになった。
 
これを知った西田さんは「日本人の考えで約束したもんだから迂闊でした。良心的にやってくれると思っていたんですけど」と話した。
 
この朝鮮人が金重吉である(下画像)。

イメージ 3
 
その後、韓国では日本の農家が懸命に開発した「章姫」と「レッドパール」を掛け合わせた「雪香」をつくり、聯合ニュースで「雪香は日本品種に比べて美味しいうえに、病害虫に強くて栽培技術も安定している」(200910月)と報じた。
 
さらに韓国産イチゴとして香港、シンガポール、マレーシア、タイなど東南アジアへの輸出が拡大し、韓国のいちごが有名になった。
 
これにより日本のいちごの輸出の機会が奪われて、5年間で220億円も損失したという。
 
朝鮮人を信じたために、日本人が時間とお金をかけて開発したいちごをタダ同然で奪われて損をする。
 
朝鮮人はその場だけの口先だけで、約束どころか契約も条約も守らないのは今始まったことではない。朝鮮人はそういう民族である。だから関わってもろくなことがない。
 
日本の人権派弁護士は朝鮮人の慰安婦(嘘)や強制連行(嘘)をしたと言って日本に謝罪と賠償を求めるが、日本のイチゴ農家のために韓国側に謝罪と賠償を求めたことはない。

このことだけでも朝鮮人とは関わるべきではない、日本に入国させるべきではないということがよくわかる。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
朝鮮人には腹が立つ、と思った方はここをポチッとお願いします。