6、7月は安倍揺るがすチャンス。国民とメディアで動く!+萩生田も落選中に、加計から給与と地位

頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分も!
           ・・・足場を固めて、着実に前進を!

よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m

  



【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】

 今日から6月。もうすぐ今年も半分が終わってしまうのね~。(~_~;)

 mewは、この6~7月は、今後の日本の政治にとって大切な時期になるのではないかと考えている。(・・)

 もし今月の国会で、野党が国民やメディアの後押しも受けて、加計学園の問題で安倍内閣を追い詰めたり、共謀罪の審議でそれ相当の抵抗を示したりして、安倍内閣や自民党の支持率を下げることができたなら・・・。
 また、6月23日告示、7月2日投票の都議選で、自民党を大敗させることができたなら・・・。

 そうすれば、安倍政権の足下は確実に緩み出して、国民の間にも「安倍が首相でいいや」ムードが薄れて行く可能性があるし。自民党内でも、ポスト安倍やアンチ安倍の動きが激化する可能性が大きくなるだろう。(**)

 安倍首相は来年9月の総裁選で3選して、早くとも東京五輪が行なわれる2020年まで首相を継続。さらに同年までに憲法改正を実現するつもりでいるらしいのだが。もしこの6~7月を機に政権が揺らぐようであれば、その(いかにも安倍首相&仲間たちに都合よく作られた)計画も、実現困難になる。^^;

<現に最近、派閥争いがどうのとか、「ポスト安倍」がどうのという記事が増えて来たと思いません?・・・みんな、とりあえず安倍首相をサポートしているふりをして、いざとなれば、自分たちがTOPをとろうと、虎視眈々と狙っているんだよね。(~_~;)>

 しかし、もし安倍首相が今国会中、加計学園の問題をうまく乗り切って、共謀罪も予定通りに成立させることができたら・・・。
 そして、春ごろには議席半減で惨敗と予想されていた東京都議選も、思ったほど負けなかったとしたら・・・。(たとえば、現有議席の2/3か3/4は確保できたとしたら・・・)
 安倍首相&仲間たち、そして自民党はますます調子に乗ってしまう可能性が大きい。_(。。)_

 国会では、自公維の与よ党が衆参とも2/3の議席を持っているわけで。現実的に見て、野党がいくら頑張っても、与党が「イヤだ」と言えば参考人招致も証人喚問もできないし。与党が「そろそろ採決」と言えば、あっと言う間に審議が打ち切られ、強行成立されてしまうことになるだろう。 (ノ_-。)

* * * * *

 もしそれを防ぎ得るものがあるとしたら、メディア&国民の力だ!(**)

 まずは、メディアが、加計学園や共謀罪の問題をもっとしっかりと国民に伝える。<特にTVやネット・メディアに期待。>
 加計学園の問題や共謀罪の強引な成立はおかしいのではないかと思う国民が増える。
 そして、安倍内閣や自民党の支持率が10%も落ちれば、かなり状況は違って来るはずだ。(@@)

<メディアの世論調査が操作されるかも知れないけど。官邸も自民党も選挙前には、めっちゃお金をかけて綿密な支持率調査などを行なうので、自分たちでアブナイとわかる。(・・)
 伝聞情報だけど、東京では安倍内閣に対する女性の支持率が低いらしい。保育園の待機児童ゼロを3年も先送りしたことで、さらに支持率が下がる可能性も。^^;>

 果たしてメディアは、民主政治よりもオトナの事情を優先して、6月にはいったら、どんどん森友、加計や共謀罪の問題を扱うのを辞めてしまうだろうか。(あと小池叩きに、どこまで手を貸すかも見ものだわね。^^;)

 ・・・というわけで、何とかこの6~7月に、安倍内閣を倒すきっかけを作りたいと本気で思っているmewなのである。(@@)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 さて、昨日の『補佐官「総理は言えないから、わたしが」と前次官が証言+安倍、加計から役員報酬』のつづきを・・・。

 昨日の記事に、安倍首相が若手議員だった頃、加計学園の役員に名を連ねて(おそらく実質的には何も仕事をしていないのに)、報酬を得ていたという話を書いたのだが・・・。

 実は、安倍首相の側近中の側近で、いまや総裁特別補佐から内閣官房副長官にまで出世した萩生田光一氏も、加計学園のお世話になっているのだ。(++)
<萩生田くんは最近、安倍首相が外遊する時に同行。首相の斜め後ろに立っているのだが、首相の顔の真横に大きな顔が並んじゃっている感じで、めっちゃ目立っている。^_^;>

 萩生田氏は、今回の文科省の内部文書にも名前が出て来ている。(@@)

『萩生田光一官房副長官と文科省幹部のやり取りを記したとされる「10/7萩生田副長官ご発言概要」との文書もあり、萩生田氏が「私の方で整理しよう」と述べたと記されている。これに対して萩生田氏は「文書の信ぴょう性に疑問を持っている」と述べる一方、昨年10月の日程について「確認が取れない。公式日程(の記録)は廃棄した可能性もある」と説明した。(毎日新聞17年5月10日)』

 萩生田氏は、八王子市議を3期、東京都議を1期務めた後、03年、05年に衆院選に当選するも、09年に落選して、比例復活もできず。

 落選した国会議員は突然、月に何百万円もの収入や経費を失って、事務所の維持さえおぼつかなくなるし。国家資格があるとか、家がよ~っぽどリッチとかでもない限り、政治活動も選挙準備もできなくなってしまうわけで。そういう時に、大きな助けになるのが、支援者の会社や学校などに雇われて(or雇われたことにして)給料をもらうことだ。(-"-)
 まあ、よほど余裕のある人でない代わりは、支援した人が自分に何らかの利益をもたらすことを期待するのが普通だろう。(・・)
 
 でもって、困った萩生田氏は、それがかねてよりアニキ分として慕っている安倍晋三氏の紹介によるものかどうかはわからないが。
 何故か、突然、09年から加計学園が経営する千葉科学大学の客員教授に名を連ねることになったのだ。しかも、給与を月10万円ももらっていたという。(・o・)

<ちなみに安倍首相は千葉科学大学の式典でも挨拶していた。『首相は2014年、学園系列の千葉科学大(千葉県銚子市)の開学10周年式典で「どんな時でも心の奥でつながっている友人、私と加計さんはまさに腹心の友。留学生時代、ともに遊び、語り合った。今でも忘れられない」とあいさつしている。(同上)』>

【話がちょこっと脱線するが・・・。小泉元首相が04年、国会で「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです」というふざけた答弁をしやが・・・もとい、答弁をして、一部の国民の怒りと、メディアやファンの人気を買ったのだが。あれも、落選中に雇ってくれていた会社の話なんだよね。^_^;

『私が落選中に極めて太っ腹の人情味のある社長さんにめぐり会って、ああ、小泉君、一回ぐらい選挙に落ちてくじけちゃだめだ、私も応援してあげるからと、そういうことで、あなたの仕事は次の選挙で当選することだと言って、極めてありがたい言葉をもらって、熱心に応援してくれたんです。そういう極めて善意の、見返りを求めない貴重な人々の支援があったからこそ私の今日があるのであって、今でも私はその社長さんに感謝しております。』と説明していたです。(>_<)

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆



☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

 実は、この萩生田氏の客員教授の話は、既に週刊新潮が3月に報じているのだ。(・・)

『第2の森友学園問題 加計学園から「安倍最側近」に給与

(前略)やはり同学園が運営する千葉科学大学では、安倍総理最側近の萩生田光一官房副長官(53)が「小遣い稼ぎ」をしていた。

 萩生田氏は、安倍総理の代理として靖国神社に玉串料を納めるなど重用され、総理の政界における「まさに腹心の友」で、先の日米首脳会談にも同行した。そんな萩生田氏だが、

「09年の総選挙で落選して以降、千葉科学大学危機管理学部で客員教授を務めています」(政界関係者)

 本誌で度々指摘してきたように、彼には「放言癖」があり、とても危機管理に向いているとは思えないが、それはさておき、萩生田氏はかつてこう「自白」している。

〈「浪人中でも『客員教授』なら、心理的な落ち着きを感じる。当時の落選組のトレンドだった」。(中略)給与は月10万円。「浪人中の足しになった。助かった」〉(13年7月1日付朝日新聞)

 当の萩生田氏は本誌の取材にこう答えた。

「私は文部科学大臣政務官を務めたことがあり、その当時、加計さんと知り合いました。安倍さんと親しいということは、後になって偶然知りました」

 しかし現在、同学の学長には、先に触れた木曽氏が就任している。千葉科学大学に参集した安倍人脈。これを「偶然」の縁と言い切るのは、些(いささ)か「非科学」的にも思えるのだが……。
 今春、「学園ドラマ」からはまだ目が離せない。(週刊新潮3月23日号 掲載)』

* * * * *

 萩生田氏は、昨日、国会でこの件を問われ、その事実を認めたという。(・・)

<何かエラぞ=に「私が民間人だった時代」とか言ってたんだけど。要は落選中で国会議員でなくなった「ただの人」「無職」だったということでしょ~。(ーー)>

『<加計学園>萩生田官房副長官も報酬 落選中に客員教授で 
 
 萩生田光一官房副長官は31日の衆院農水委員会で、落選中に学校法人加計学園で客員教授を務め、報酬を得ていたと明らかにした。萩生田氏は安倍晋三首相の側近の衆院議員。同学園理事長は首相の長年の友人で、首相も過去に学園の役員を務め、1年間に14万円の報酬を得ていた。

 民進党の宮崎岳志氏への答弁。萩生田氏は「私が民間人だった時代に客員教授として報酬はいただいていた事実はある」と述べた。宮崎氏に「落選中に客員教授を務め、月10万円の報酬を受けていた」と指摘され、萩生田氏は「決して間違っていない」と認めた。【遠藤修平】(毎日新聞17年5月31日)』

* * * * *

 この千葉科学大学についても突っ込みたいことが多々あったりするのだけど。<負債が300億あって大変な状態にあるらしいとか。危機管理学部では、内閣府から人を呼んで授業をやってるらしいとか。自衛隊幹部などを育てる自衛官・安全保障コースがあるとか。^^;>

 いずれにせよ、最初にも書いたように、メディアや国民がマジで動かない以上は&支持率や都議選にさしたる影響がない以上は、野党や心ある人々がいくら追及しても、安倍官邸も自民党も知らぬ存ぜぬ、ごまかし、大嘘を通して、今国会を乗り切る可能性が大きいわけで。
 最後のチャンスとも言えるこの6~7月に、何とか大きな動きが起こせないものかと、ついつい期待してしまうmewなのだった。(@@)

  THANKS

                                            
【下の2つのランキングに参加しています。できれば、2つともクリックして頂けると、有難いです。組織票は全くなく、記事を読んで下さる方々だけが頼りなので、よろしくお願いします。m(__)m】


↓このクリックが、mewの大きな励みに。(・・)







↑もう1クリックが、ブログを続けるエネルギー源に"^_^"