除名せずに都議選終わるまで保留で

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
----------
前川助平がラジオなどにも出まくっているようで。
マスゴミとしては何としても反権力の勇者ということにしたいようです。

しかしながら前川の言を端的に訳せば
「私が証拠だ」
と言っているだけです。

これ、ピンと来た人もいると思います。
自称慰安婦のBBA達が言う「私が証拠だ」と同じです。
なんら客観性のある証拠がなく、言っているのは連中だけ。

手口が同じです。
前川にしても寺脇研にしても民進党にしても共産党にしても
なぜか後ろに朝鮮半島の影が透けて見えています。


この件に便乗して若狭勝議員が自民党に進退伺を出した事が報じられています。

小池ファーストの応援に専念する為といいつつ
加計学園の件について「政府は真相を隠している」だそうで。

小池ファーストの応援に専念したいとか
政府が全く信用出来ないというのなら離党届を出せばよいでしょう。

石破派の彼は当選直後から自民ではなく石破と小池の別働隊として動き回ってきました。

このブログでも取り上げた石破茂が
加計学園の件について前川助平前事務次官の妄言を
「意義がある」
と評価したこととリンクしています。

都議選で自民が負ける事で安倍の責任を追及して辞任させ、
人気ナンバーワン(とマスゴミに持ち上げられてそう思い込んでいる)の自分が
今度こそ総理になれると思い込んでいる石破が、
若狭勝の進退伺い提出の後ろにいるとブログ主は考えています。


しかしながら小池ファーストの会の支持は伸び悩んでいます。

何一つ決定できず。全てを都議選の材料にするために先延ばしし続けて来ただけ。
豊洲の件もごちゃごちゃと屁理屈を並べては先送り先送りにし続け、
環状2号線の整備ももはや間に合わない情勢となり、
東京五輪に向けての整備が一部間に合わないことがほぼ確定してしまいました。

そして有権者が少しずつ小池フィーバーから目を覚ましてきているため
このままでは都議選で自民大敗という
安倍を失脚させる大きなネタが消えてしまいそうです。

そこでマスゴミが煽っている内容=世論。
そう思い込んでいる石破茂が切ってきたカードがこれだというわけです。

Nスタに出演した若狭勝とアナのやり取りで露骨にボロが出ていました。

若狭勝「政治は国民に対して誠実じゃないといけない!」
アナ「なら離党届を出して都民ファーストを応援すべきでは?」
若狭「やりたい事をやるには自民党にいた方がいい!」

若狭勝「私の信念は都民の為の政治!」
ホラン千秋「国会議員なのに都政!?」
若狭勝「東京都は大きな問題がある!小池都知事は光を当てた都民の政治を是が非でも続けなければいけない!」

アナ「自民党籍のままで都民ファーストを応援に違和感は?」
若狭勝「自分の行く末は党に任せた!」
田中ウルヴェ「これからの発言は自民党ではなく都民ファースト?」
若狭勝「おしゃる通り!」


離党届ではなく進退伺いにした事そのものの説明がろくにできていません。

加計学園の件で安倍を批判し、
都議選に向けて自民は応援しないで小池ファーストを応援する。
という事を予めアピールしまくっているだけなんです。

自民党に挑発行為を繰り返して「除名」されたいのです。

小池都知事が豊洲移転の件を都知事選の最大のネタにしようと
ひたすら先送りをし続けて来たわけですが、
共産党や中核派などの極左と手を組んだ事で
豊洲移転中止、豊洲売却、築地継続という路線が色濃くなってきている事に反比例して、
世論調査では豊洲移転賛成が反対を上回っていて、
むしろ豊洲へ移転しない方がおかしいという事、
小池知事が有識者会議のメンバーにした森山某の今まで言ってきた事はただのデマ。
このことが少しずつ広がってきています。

そのため小池都知事は
「敵を作って殊更に騒いで注目を集める」
という作戦に失敗しつつあります。

こうなると都議会議員選挙で自民に逆転することはできません。

せっかく共産党、民進党、公明党、中核派と
反日組織の支援をまとめてきたのにこれでは足りません。


一方で石破茂は重要法案であるテロ等準備罪を抱えて
安倍首相が身動きが取れないところに
森友学園、加計学園とネタが続いてきて
今ならこれに便乗して安倍を引きずり下ろしにかかれる。そう考えたのでしょう。

そこで出してきたカードが若狭勝です。

離党届ではなく進退伺いにしておいて、
自民党に対して挑発行為を繰り返し行うことで自民党から除名させたいのです。

自民党から除名されたことをもって
「自民から除名された!自民党では改革はできない!東京都を改革するのは小池ファーストだ!」
そうやって都議選で自民党が負けるように、小池ファースト劇場を作りたい。

ただでさえ都議会議員選挙用に先延ばしにしてきた豊洲移転は、
むしろ小池や取り巻き、共産党などの主張がデタラメであることが
少しずつ知られて来ていてこれを争点にして勝つというシナリオが破綻しています。

ですのでなんとしても「自民から除名された」
ということを選挙の材料に加えたいのです。

だからこそ、なぜ進退伺いにしたのかという理由を
若狭勝はまともに説明できないのです。


さて、この動きに対して二階はやはり冷静です。

【二階俊博幹事長「大幹部なら別だが…進退は自分で決めろ」】
 自民党の二階俊博幹事長は29日の記者会見で、同党の若狭勝衆院議員(東京10区)が進退伺を提出したことについて「大幹部の場合なら別だが、一議員の進退をいちいち委ねられても執行部としては扱いに困る。進退は自分で決めていただきたい」と述べ、処分を党に委ねるとした若狭氏を突き放した。

 若狭氏は29日、東京都議選(7月2日投開票)で、小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」を「とことん応援する」などとして進退伺を提出した。離党届は出さなかったが、「除名も想定の範囲内だ」と語った。

 二階氏は、若狭氏の行動について「感想を申し上げるに及ばない。どうぞご随意に」と切り捨てた。その上で、昨年10月の衆院東京10区補欠選挙で、二階氏をはじめ党幹部が若狭氏を応援したことなどを念頭に「若狭氏が窮地に陥ったときにも、われわれは常に応援の手を差し伸べてきたが、今日のことは直接何も聞いていない」と強調。「本気で辞めていくなら、私のところに来るのが本当でしょう」と不快感をあらわにした。
(2017/5/29 産経新聞)


若狭勝が進退伺いを出した相手は下村博文です。
本来であれば幹事長に持っていくのが筋ですので二階の言う事はその通りです。
離党したいなら離党届を俺のところに持ってこいという対応のようです。

ブログ主としては
「幹事長を通していない」
ということで進退伺いへの対応を保留にし、
しびれを切らせて若狭勝が次の手を打ってきたら
「今は大きな法案と都議選を抱えていて忙しい」
とでも理由を付けて徹底的に進退伺いを保留にするべきだと考えています

そうすれば自民党から除名されたという宣伝材料を与えないことになりますし、
小池知事も若狭勝も
「自民党に離党届を出さず、自民党に籍を置いたまま小池ファースト」
という形になります。

除名されたという彼らの今最も欲しがっている
都議選のためのカードを与えない事こそ、
石破茂の策謀を潰す最も良い方法でしょう。

だいたい、加計学園の件は石破が担当大臣として
きちんと仕事をしていれば1年前に片付いていた案件なんです。

ですが彼の地元の鳥取大には獣医学科がありますので
新設するつもりはなかったのでしょう。

ですので文部科学省が自分達の既得権益死守のために
1年以上もサボタージュしてきた事を見逃し続けたのでしょう。
玉金と仲良く爺放談に出てるくらいですからね。



さて、G7では中国共産党が東・南シナ海で海洋進出を行っている事について
懸念を表明しました。
これについてすぐに中国共産党が反応しています。

【G7首脳宣言「強烈な不満」=海洋問題で「あら探し」-中国】
 【北京時事】先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)の首脳宣言で中国が活発化させる東・南シナ海での海洋進出について懸念が表明されたことに対し、中国外務省の陸慷報道局長は28日、「国際法を口実に東・南シナ海問題であら探しをしている」と批判、「強烈な不満」を表明する談話を発表した。(2017/05/28 時事通信)


あっれ~~?

中国共産党って「G7などたいしたことはない、中国が主導するG20こそが世界を動かしている」
って言ってなかったっけぇ?
なんでたいしたことない相手に即反応してるのかなー?(棒読み)



そうそう
「特別報告者の意見は個人の物であって国連の総意ではない」
と否定されたというのに、
また国連がー詐欺をしていたみたいなので取り上げておきます。


【国連 沖縄の活動家の長期勾留に懸念示す】
沖縄のアメリカ軍施設の建設に反対する市民団体の代表が公務執行妨害の罪などで逮捕・起訴され5か月余りにわたり勾留されていたことについて、国連人権理事会の特別報告者など4人が日本政府に送った緊急の声明が公表されました。声明では逮捕や長期間の勾留に懸念を示しています。
この声明は、各国の人権状況を調査する国連人権理事会の特別報告者など4人がことし2月28日付けで連名で出したもので、このほど公表されました。

声明は沖縄のアメリカ軍施設の建設に反対する活動中に沖縄防衛局の職員にけがをさせたなどとして沖縄平和運動センターの議長を務める山城博治被告が傷害や公務執行妨害の罪で逮捕・起訴され、ことし3月まで5か月余りにわたり勾留されていたことについて、日本政府に懸念を伝える内容となっています。

声明では、山城議長の活動は、表現の自由や平和的な集会の権利に基づくものと考えられるとして犯罪として摘発されたことに懸念を示しています。

さらに長期間の勾留に関し適切な法的手続きが欠けているという指摘があるとして、国際人権規約に基づき裁判の前に恣意的(しいてき)に自由を制限しないよう日本政府に求めています。

これに対し日本政府はことし4月、「山城議長の逮捕、勾留は日本の刑事訴訟法に基づき適切に行われた。恣意的に勾留したという指摘は完全な間違いだ」として批判は当たらないとする回答を送っています。
(2017/5/28 NHK)

まーた「特別報告者」ですねーーー。
またしても「国連の方から来ました」です。

そんなもん山城博治らは繰り返し犯罪を行っている上に
本人達は微塵も反省していないのですから拘留が長引くのは当然でしょう。

ましてや沖縄防衛局の職員から奪った名簿をどこに流したか白状していないそうですから。
そら長引いて当然ですよね。


あ、ちなみに、ケナタッチさん。
やっぱりヒューマンライツナウのデタラメな法案説明を真に受けただけらしくて
「きちんとした法案の英訳を見れば意見を訂正する用意がある」
とも言っていますので、是非とも外務省は仕事をしてください。

ケナタッチさんまで言う事を訂正しちゃったら
国連でデタラメを吹き込んでる連中がいることが広く知られる事になりますから。




↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓