北朝鮮今年9回目3週連続で弾道ミサイル発射

★官房長官 ミサイルが
 排他的経済水域内に落下

 NHK 5月29日 6時46分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170529/k10010998531000.html
菅官房長官は29日午前6時40分ごろ
臨時に記者会見し、北朝鮮の東岸から
弾道ミサイルが発射され、
日本海の日本のEEZ=排他的経済水域内に
落下したと発表したうえで、
北朝鮮に対し厳重に抗議したことを明らかにしました。

この中で、菅官房長官は
「本日5時40分ごろ、北朝鮮東岸より
 弾道ミサイルが発射され、
 日本海のわが国の排他的経済水域内に落下した
 と見られる。現時点で付近を航行する航空機や
 船舶などへの被害の情報は確認されていない」
と発表しました。

そのうえで、菅官房長官は、
安倍総理大臣から情報収集、分析に全力を挙げ、
国民に対し迅速・的確な情報提供を行うこと、
航空機、船舶などの安全確認を徹底すること、
不測の事態に備え、万全の態勢をとることの
3点について指示があったとしたうえで、
引き続き情報の収集・分析に全力を挙げる
考えを示しました。

(引用ここまで)


★米軍 発射されたのは
 短距離弾道ミサイル 6分間飛しょう

 NHK 5月29日 7時58分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170529/k10010998641000.html
Kita10010998641_1705290820_1705290838_01_02.jpg
 
アメリカ太平洋軍は28日、
日本時間の29日午前5時40分ごろ、
北朝鮮によるミサイルの発射を探知したと
発表しました。

発射されたのは短距離弾道ミサイル1発で、
発射場所はウォンサン(元山)付近
と見られるとしています。
また、ミサイルは6分間、飛しょうし、
日本海に落下したとしています。


★北朝鮮  菅長官
 「隠岐諸島から約300キロに落下

 毎日新聞2017年5月29日
 https://mainichi.jp/articles/20170529/k00/00e/030/135000c
北朝鮮のミサイル発射を受け、菅義偉官房長官は
29日午前8時半すぎから同日2度目の会見を行い、
「(ミサイルは)約400キロ飛行し、
 新潟県佐渡島から約500キロ、
 島根県隠岐諸島から約300キロ

 日本海上に落下した」

との分析を明らかにした。
.
また安倍晋三首相が言及した
今後、米国と行う具体的行動について
対話のための対話でなく
 圧力をかけることが必要だ。
 中国の役割も重要になる」
と述べた。

(引用ここまで)


★北朝鮮発射のミサイル 
 「スカッドC」と推定=韓国政府筋

 韓国聯合ニュース 2017/05/29 10:35
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/05/29/0300000000AJP20170529002000882.HTML
【ソウル聯合ニュース】韓国政府の消息筋は29日、
北朝鮮が同日に東部の元山付近から発射した
弾道ミサイルについて、
「飛行距離からみれば『スカッドC』と類似している」
として、
元山に配備されていないスカッドを
 元山から発射したことを踏まえると、
 発射実験というよりは
 武力誇示の一環と見て、分析している

と明らかにした。

(引用ここまで)




kitaInternational_ballistic_missiles_large01.png

■石井孝明‏ @ishiitakaaki
 16:43 - 2017年5月28日
 https://twitter.com/ishiitakaaki/status/868976173262356480
 けど北朝鮮のミサイル、
 狼少年みたいになってくるのが怖い。
 もう日本に核兵器は5−6年ほど前、
 弾道弾は10年以上前、
 撃ち込めるようになっているんですけど。

 今になって騒いでるし。





北朝鮮がミサイルを撃ち込むとき、
必ず、この様な馬鹿がいる。


kitaDA8reWAUIAA1j3S.jpg

北朝鮮が着々と技術を上げている間に
日本では、こうした花畑が増殖。
日本には、未だに
自衛手段さえも許さないサヨク学者がいる。

TBS【ひるおび!】では、
元自衛隊情報分析官を呼んで分析中。
アメリカの本気が遅すぎたと。
「戦略的忍耐」のオバマ政権の間中も
着々と技術開発をしてきた北朝鮮を止める
本気の対策が遅すぎた。


★北朝鮮との戦争「壊滅的」
 =米国防長官

 時事ドットコム 2017/05/29-05:33
 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052900121&g=int
【ワシントン時事】マティス米国防長官は28日、
CBSテレビのインタビューで、
核開発を続ける北朝鮮との軍事衝突が起きれば
「壊滅的な戦争」になると警告した。

また、北朝鮮の弾道ミサイルなどの技術が
向上しつつある
との見方を示し、
「米国の直接的な脅威だ」
と強い懸念を示した。

 マティス氏は、戦争になれば、
北朝鮮の脅威が日本や韓国だけでなく、
中国やロシアにも広がると指摘。
米国が軍事行動に踏み切る期限はあるのか
と問われても回答を控え、
レッドライン(越えてはならない一線)を引かず、
中国と連携して問題に対処する方針を強調した。


(引用ここまで)




この直後に、北朝鮮は
今年9回目3週連続の弾道ミサイルを発射した。

未だに、違憲状態にある自衛隊
憲法学者は国防なんてできやしない!



>もう日本に核兵器は5−6年ほど前、
 弾道弾は10年以上前、
 撃ち込めるようになっている



この間、日本は何をしていただろう?
呑気に、政権闘争のみ・・・

対話による解決も可能だった。
日本独自の制裁強化も抜け道も多く無理。
今日の元自衛隊情報分析官曰く
最新の迎撃ミサイルを購入しても
使いこなすための訓練には数年掛かる。


 


政治ランキング