キリスト教の成立 イエスの後継者1 実弟の義人ヤコブ、イエス教団を引き継ぐ

 クーンはかなり手厳しい文章を書く人物だったようで、『キリスト神話-偶像はいかにして作られたか - 』では以下の文章を引用しています。

 宗教や精神性について、その知的な面においては、われわれはいまだに中世の夜の影に包まれている。説教壇や神学校で得々と語られる、なんとも異様で妄信的な教えに幻惑され、欺かれたままだ。崇高な神話、寓話、ドラマ、シンボルなどと歴史のくずとを峻別できるだけの洞察力を持たない限り、このどんよりと憂鬱な日々が続くこととなるだろう。

一方でこうも書いています。

神話のみが、人が経験したリアリティーを過不足なく語ってくれる。神話は、これまで書かれたものの中で唯一の、真実の歴史である……人生の発展における、生きた経験だからである。歴史は現実かもしれないが、結局、神話ほど真実ではない。神話は常に永遠の真理である。実際の歴史はせいぜい、人生における心理に近似するものにすぎない。


 私は彼の言う真実ではなく現実に興味がありますので、こうした真実を知りたい方はまた別の媒体を当たって頂ければと思います。なので、キリスト神話からは離れ、イエス教団に話を戻しましょう。

 春の終わり頃、師を失ったイエス教団の主だったメンバーがエルサレムに集合します。一時はガリラヤに逃げ出したメンバーも戻ってきました。

 イエスの率いた集団はローマからすれば反逆者一味ですから、おおっぴらには活動できません。しかし、それでも彼らは細々と活でも活動を続ける道を選んだのです。残った教団の中心となったのは、イエスの弟の義人ヤコブ(どうしてもマリアを処女でいさせたかった教会は従兄弟としてしまいます)です。

 『かんなぎ』というマンガで、登場人物の女性が非処女であったことから一部のファンが猛烈なクレームを付けて一般人をドン引きさせた騒ぎがありましたが、この手の気持ちの悪い人々と全く同レベルのことを集団でやっていたというのは褒められたことではなさそうです。これに関しては相手が経産婦であっても気に入った女性とは添い遂げたいと手練手管を尽くしたローマ人を見習えと言いたいものです。


キリスト神話-偶像はいかにして作られたか -
キリスト神話-偶像はいかにして作られたか -

面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村