G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売

台湾エアソフトメーカー、G&Gアーマメント社よりコンパクトで取り回しの良いサバイバルゲームでの利用に特化したサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が、7月の発売に向けて6月より予約受付開始となる。

AR 9mmサブマシンガンをイメージしたARP9は、ETU・MOSFETに加えて垂直トリガーを採用し、従来製品にないトリガーレスポンスを実現。米軍特殊部隊が高く評価したことが伝えられ、俄然注目されるマグプル「M-LOK」に対応した5インチレール(CNCアルミ製)を実装し、拡張性を持ちながらも全体的にコンパクトな設計となっている。

関連記事:
米軍特殊作戦司令部が「M-LOK」モジュラーレイルシステムを高評価