千年戦争アイギス


さて、今日から旧館の方では「千年戦争アイギス」について書いていこうと思う。
ONE PIECEのレビュー記事などは新館の方で続けていますので、そちらを御覧ください。

aigis_20170527a.png

「千年戦争アイギス」は、DMMが提供しているブラウザゲー。
もう3年以上プレイしているので、今さら紹介するでもないのだが・・・

世界観とか詳細なストーリーとかは、あとで興味がある人だけ調べてくれたらいい。
まぁ、イベント報酬やガチャなんかでユニットを集めて、ステージをクリアしていく今時のネットゲームなんだが、よくあるターン制のRPGやカードバトルみたいなのじゃなくて、タワーディフェンスと呼ばれるジャンルのリアルタイム戦略ゲームだ。当然基本プレイは無料。

タワーディフェンスってのは、たとえば「ファイヤーエムブレム」みたいにユニットを操作して、敵拠点に進撃したり、敵の包囲網を脱出したり、というのとはちょっと違って、もともとは自分の領地に攻めてくる敵を、手持ちのユニットを駆使して撃退するというもの。

それぞれのユニットは、剣士とか弓兵、あるいは魔法使いや回復職、盗賊・山賊・海賊…と個性豊かで、MAP上に配置されればその場で延々(基本的に)自動でHPが尽きるまで行動するのが特長。

ユニットは、コストが足りてさえいればMAPの好きなところに配置できるのだが、一度配置したら基本的に動かせないので、MAPやそのステージに登場する敵の特性にあわせて、連れていくユニットを選び、適切に配置・運用する必要がある。このシステムが、実に骨太でやりがいがあるのだ。

まぁね、DMMのブラウザゲーで、しかもR18版があるといえば「お察し」なのだが・・・
セクシーだったりプリティだったりキュートでコケティッシュだったり個性様々なキャラクターが、好感度を上げることにより、ムフフなご褒美シーンを披露してくれたりするのは、R18ネットゲームのお約束。・・・ところが、昨今流行りの…というか、ほぼ標準装備になっている「グリグリ動くエロシーン」とはまるで無縁で、それどころか「アイギス」には、声優による「声」すら入っていない。R18版のご褒美のエロシーンも、止め絵とテキストのみというストイック(?)ぶりだ。

これを不満に思うプレイヤー諸氏も少なからずいるようだが、「そうじゃないんだ!」と僕は言いたい。アイギスにおいては、エロは重要な要素ではないと断言する。(R18版でプレイしてはいますが・・・)
充実した、しかし安易なエロシーンに頼らずとも、ゲームそのものがおもしろいことを評価してほしい。



さて、とりあえずゲームの説明はしたので、あとは毎日のプレイを紹介していく。

備忘録的な意味も含んでいるので、興味ない人はスルーしてくれて構わない。ゆくゆくは攻略動画なんかもアップできればいいな…とか考えないでもないが、僕は基本的に「無課金プレイヤー」なので、他のプレイヤーの助けとなる情報を提供できるかどうかは・・・あまり期待しないでほしい。


現在やっているイベントは、緊急ミッション「巨人殺しの剣」
復刻ミッション「死霊術師と反魂の至宝」
大討伐ミッション「大空の覇者」の三つ。


緊急ミッションというのは、1週ないし2週で更新される限定ミッションで、条件を満たせば限定キャラをゲットできる。
今回のミッションは「試練型」と呼ばれるもので、各ステージのクリア内容の精度でゲットできる「☆」の数によって、後日報酬として配られるユニットの初期性能が変化するのだが、各ステージでゲットできる「☆」は最大3つなので、一度「☆3クリア」したステージを繰り返し攻略する必要はない。

aigis_20170527b.png

今回の「巨人殺しの剣」は、どうみても「進撃の巨人」への当てこすりだったが、「アイギス」は人気アニメとのコラボとかとはまったく縁がないので、独自の世界観にお遊びとして入れたのだろう。

とにかく、僕は全ステージ「☆3クリア」したので、このイベントはやり込む必要はなくなった。これ以上は特に触れない。

aigis_20170527c.png

復刻ミッションは、過去に緊急ミッションとして行われたイベントを復刻させたもの。過去イベント限定のキャラを手に入れたい後発のプレイヤーや、当時稼ぎきれなかった人に対する救済措置として行われる。
今回の「死霊術師と反魂の至宝」は、なかなか難易度が高かったが、もう今日で終わりなので、これについても特に語ることはない。

あとは大討伐ミッションなのだが、これはまた後日にでも追い追い説明していく。



ここからは、プレイしたことない人にはよく分からないかもしれないが悪しからず。

「千年戦争アイギス」は、ひとつのアカウントで2つのデータを残すことができる。
これははじめからではなくて、途中でそういう仕様に変更されたんだが、僕の今のランクは

データ1:ランク285 データ2:ランク227 だ。

データ2の方は、イマイチ育ちが悪いのだが、データ1は、まだまだキャラのレベルは中途半端だが、主要なキャラがまぁまぁ育ってきたんじゃないかと思っている。

「アイギス」にはPC版とiOS版、Android版があるようで、Android版はクソ重たいらしいので未プレイ。
iOS版はPC版とアカウントをリンクさせているが、たまに独自のイベントをやっているのでプレイすることもあり。基本的にはPC版について書いていくのでそのつもりで。
ちなみに、R18版はPC版にしかない。

現在、僕のデータ1には、覚醒済みのユニットが34人。内、スキル覚醒済4人、第二覚醒済みが3人である。数えてみたら少ないな・・・
プレイの核として欠かせないユニットは、他のプレイヤーも大体似通っていると思うが、僕の場合ガチャで偶然手に入れ、特に長らく大いに役立っているのが、幸運にもプレイ開始すぐに入手した、黒プリンセスのシビラと、プラチナソルジャーのジェローム。

無課金プレイヤーである僕は、スタミナやカリスマを極力ムダにしないために、攻略wikiや攻略動画を参考にするのだが、上位プレイヤーの見本プレイで必須の(しかし僕が持っていない)ユニットの性能を補って余りある「できる子」たちである。

aigis_20170527d.png

シビラは、最高レアリティ「黒」のプリンセス。
敵を1体しかブロックできないが絶大な攻撃力と防御力、魔法耐性を誇り、覚醒すると相手の防御力を無視した攻撃力1.8倍の「飛ぶ斬撃」に、さらに「即死効果」が乗るというトンデモ性能だ。最優先で覚醒カンストさせた。
使い勝手の関係でスキル覚醒はさせなかったが、なんとかコストも最下限まで下げることができ、名だたる追加ユニットを差し置いて、今でも前線から外せないキャラなのだ。

aigis_20170527e.png

ジェロニキことジェロームは、レアリティ「プラチナ」のソルジャー。
序盤の戦術の要となる「援軍要請」スキルを持った戦士だ。
ユニットをひとつずつ配置していく「アイギス」では、ユニット固有のコストが貯まらないと出すことができない。強力なユニットはそれだけコストが高くなるので、コストの低いユニットで序盤を凌ぐ必要があるのだが、そこでコストを回復させる「援軍要請」スキルを持ったソルジャーが重宝する。

ジェロームは、より多いコストを回復させる「援軍要請III」をはじめから持っており、スキル覚醒させれば「援軍要請」を自動で行ってくれる。さらに、覚醒時の追加アビリティとして、全体の初期コストが+2されるという、特に序盤にありがたい縁の下の力持ちなのだ。頼りになるぜジェロニキ!


とまぁ、今回はイベントの谷間だったのでプレイ内容を解説することはなかったが、ユニットの紹介はこれからもしていこうと思う。
今さらかもしれないが、少しでも「千年戦争アイギス」の啓蒙につながればうれしい。

ではまた。