キャラ紹介その1 │ 千年戦争アイギス


今日は特に込み入ったプレイも無いし、月が変わるまで結晶割る気もないからめぼしい新加入もない。

ちなみに「結晶」とは、正式名称は「神聖結晶」といって、スタミナやカリスマを回復させたり、ユニットの召還(有り体にいうとガチャ)に使われるアイテム。
「神聖結晶」という名称から、「価値ある美しいものを砕いて対価として捧げる」というイメージで、結晶を消費することを俗に「割る」もしくは「パリンする」という。

ガンガンプレイしたり、目当てのユニットが出るまで召還しまくる人は、より多い結晶を必要とするため、課金して購入する。
ただ、課金せずとも月あたり50個くらいは入手する機会があるので、僕のような無課金プレイヤーも十分にその恩恵をうけることができる絶妙なバランスに設定されている。
なお、使えば使うほど翌月のログインボーナスが豪華になるという特典もある。


さて、今回はアイギスをあまりご存じない人向けに、定番のキャラから紹介していく。


aigis_20170528a.png

戦術教官 ケイティ【ソルジャー】(金)
チュートリアル後の基本戦略を学ぶ「戦術指南クエスト」の教官として登場し、全ての演習をクリアしたら最後に仲間となる、レアリティ金「援軍要請」スキル持ちのソルジャーだ。
序盤に重要な「援軍要請」持ちソルジャーの特性から、主に初手出しキャラとして抜群の安定感をもち、半人前のプレイヤーに戦術を叩き込んだ教官であるという経緯から「ケイティ先生」と呼ばれ、絶大な信頼を寄せられている。
覚醒すると、パーティに居るだけで全ユニットの防御力が2%上昇する。この2%の恩恵を実感することはあまりないが、保険としてパーティに入れておいて損はしないキャラクターだ。


aigis_20170528b.png

大盾の乙女 ベルニス【ヘビーアーマー】(金)
近ごろはヘビーアーマー以外にも、防御力が高いユニットが増えてきたが、「ゴールドラッシュ」などのイベントで安定して入手できていたことから、比較的覚醒させる優先順位が高い、レアリティ金のヘビーアーマー。
ヘビーアーマーは、覚醒すると4体の敵をブロックできるが、4体分の攻撃を受け止められるだけのHPと防御力を備えたユニットはなかなか居ない。過信は禁物だが、敵が集中するポイントを安心して任せられるユニットのひとつだ。
ちなみに、追随する銀アーマーのレアンの存在については、後日書く。


aigis_20170528c.png

神速の射手 バシラ【アーチャー】(プラチナ)
運営開始当初からバナー広告でおなじみだったケモミミアーチャー。比較的早い段階で確実に入手できることと、2連(3連)射で再使用までの待ち時間が短いスキルが使いやすくて信頼度が高い。
このスキルが、覚醒すると4連射に進化するのだが、1発当たりの攻撃力とスキル持続時間が短くなることに加え、射撃対象の優先順位が変わってしまい、戦略の立て方が変化するため、他人のプレイを当てにしている僕のようなプレイヤーは覚醒させることを躊躇っている。
(あと、覚醒させてもキャラ絵が変化しないことも覚醒を躊躇する理由のひとつかも…


aigis_20170528d.png

王子
女神アイギスの加護を受けた本作の主人公でありハーレムの王。
僕のアカウントがそのまま名前になっているけど「プレイヤーの分身」などということはなく、物語の中心的存在であることは間違いないが、あくまで特殊なひとつのユニット。全ユニットに影響するバフ能力を持ち、MAP上に配置するだけで意味を持つが、1ブロックの剣士として群を抜いたスペックを持っていることも確か。

aigis_20170528e.png
後半のあるシナリオをクリアすることで称号「神器の継承者」を手に入れ、覚醒状態のユニットとして使用することが可能となる。性能も出撃コストもまるで変化するため、覚醒・未覚醒の切り替えを忘れたままシナリオに突入して悲鳴を上げたプレイヤーは多いはずだ。
ちなみに俗称の「ブルーマン」は、青い服を着ているから…ではない。


次回は、レアリティ銀のユニットを紹介しよう。