米軍、南沙で「航行の自由作戦」実行

 ロイター通信によると、24日米海軍は、中国が実効支配する南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島のミスチーフ(美済)礁沖12カイリ内をミサイル駆逐艦デューイが航行し、過剰な海洋権益を主張する国の周辺海域に艦艇を送る「航行の自由作戦」(FON作戦)を行ったという。
 米当局者の話として伝えた。今年1月のトランプ大統領の就任後、航行の自由作戦の実施は初めてである。
 トランプ氏は、北朝鮮の核問題で中国の役割を重視している。が、トランプ氏の期待に応えず、制裁の強化よりも対話をと引き延ばしにかかっているをみて、独自にやるぞということであろう。今回のFON作戦は、中国に対する様子見である。

注:「米軍、南沙で『航行の自由作戦』=トランプ政権下初めて-対中協力に影響も」http://www.afpbb.com/articles/-/3129535
  「日米共同巡航訓練(南シナ海)」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65900524.html
  「米中密約?」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65895998.html
  「米国防総省、FON申請却下」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65894939.html