田母神閣下、有罪。バカ裁判長、こんな判決理由では誰でも有罪に出来る。


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします イメージ 2


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

------------------------
田母神被告に有罪=都知事選で運動員買収―東京地裁
2014年の東京都知事選をめぐり、運動員らに現金を配ったとして公選法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神俊雄被告(68)の判決が22日、東京地裁であった。家令和典裁判長は「民主主義の根幹である選挙の公正さに大きな疑念を抱かせる犯行だ」と述べ、懲役1年10月、執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 
家令裁判長は「報酬表には『会長指示自衛隊関係』という項目で約308万円が追加計上されており、被告の指示か了承があったと推認できる」と指摘。「全国の支持者から寄付された金員の余剰分を原資とするもので、公職の立候補者の自覚を欠いた」と批判した。
 
田母神被告は公判で「了承や指示は一切していない」と主張。選対本部事務局長だった島本順光被告(70)=公判中=らとの共謀を否定し無罪を訴えていた。
 
判決によると、田母神被告は島本被告や元出納責任者(有罪確定)と共謀。都知事選後の14年3~5月、選挙運動の報酬として6人に計480万円を渡した。
 
判決後、田母神被告は記者会見し、「非常に残念。共謀など絶対にしていない。本当に公正な裁判が行われたか疑問だ」と話し、控訴する意向を示した。
2017.5.22 時事通信)
------------------------
 
田母神閣下が有罪判決となった。
懲役110ヵ月、執行猶予5年という重い判決である。
 
もちろんこれは服役するわけではなく、従来の活動は出来るが、5年間の公民権が停止される。
 
今回の件は、どう考えても「国策捜査」と言える面があり、二度と国政選挙に立候補出来ないように公民権停止が目的ではないのか。
 
田母神閣下の逮捕(4月)と保釈(9月)は昨年の参議院選挙(7月)をまたがってのことで、参院選に出馬すると公言していたのに、このタイミングでの逮捕と拘束で出馬は出来なくなった。
 
しかも都知事選が終わって2年以上経ってからの逮捕である。これも不自然であった。
 
しかし、どう見てもこの判決は納得できるものではない。
「被告の指示か了承があったと推認できる」
「田母神被告は島本被告や元出納責任者と共謀」
 
この家令和典裁判長の判決は、犯罪事実の証明としては弱い「状況証拠」しかなく、「具体的証拠」はないのだ。
 
これでは誰でも有罪に出来る。結論ありきの判決だ。
しかも納得できる証拠も言えずに「被告の供述は信用できない」と言って有罪にするとはバカ裁判長ではないのか。
 
田母神閣下は、このまま有罪判決を受入れても今までのような活動は出来る。
 
しかし田母神閣下は言う。
「このまま大人しく判決を受け入れることはできない。やっていないことを認めるわけにはいかない。控訴しても3、4か月、最高裁まで闘っても1年。ここまで来たら最後まで闘う」。

控訴は検討と報じられていたが、闘うと決断された。
 
思うに「公明党をぶっ潰せ」の復讐は徹底していると思える。

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
応援する、と思った方はここをポチッとお願いします
                    イメージ 2