中国、北朝鮮制裁猶予100日間求める

 中国の習近平国家主席は、4月上旬のトランプ大統領との首脳会談で、米国が北朝鮮に対して具体的な行動をとるまでの猶予期間として「100日間」を求めたという。
 この会談で合意した貿易不均衡是正についての100日計画と並行して、同じ期間を北朝鮮制裁対応についても設定した。
 米国と日本の複数の関係者が明らかにしたという。意図的なリーク、または口の軽いお喋り?
 トランプ大統領は、北朝鮮の対外貿易の約9割を占める中国に経済制裁を強めるよう求めた。その上で、中国が協力しない場合、北朝鮮と取引がある大手金融機関を含む複数の中国企業を制裁の対象に加える米政府独自の新たな制裁を検討していると説明したという。
 中国企業が制裁対象になれば米国の金融機関や企業との取引ができなくなるため、習氏は、猶予期間を提案した。経済分野と同期間の100日間で、中国側が北朝鮮に強く働きかける考えを示したという。中国は秋に共産党大会が控えており、米中関係がギクシャクしたまま重要な日程を迎えたくないという事情もあったようだ。となれば、満期は7月中旬か。
 会談で両首脳は、北朝鮮による新たな核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を阻止することで一致した。北朝鮮による「重大な挑発」があった場合、米中がそれぞれ独自の制裁を北朝鮮に科すことでも合意した。
 習氏は、中国国内の企業からの北朝鮮への送金規制や北朝鮮向けの石油の輸出規制などの独自制裁を検討していることも示唆したという。
 中国の問題先送り時間稼ぎである。時間が経てば、3か月も経てば、状況が変わること期待している。
 トランプ大統領の気まぐれに期待したいところである。

注:「北朝鮮対応『100日猶予を』中国・習主席、米に要求」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000005-asahi-int
  「米中密約?」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65895998.html
  「トランプ、習主席朝鮮半島中国の一部発言?」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65881786,html
  「米中首脳会談(フロリダ)」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/65866069.html