玉木はどう責任を取るのかね?

人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
----------
昨日の記事のコメントにBuzzFeedJapanは朝日の影武者かというのがありましたが、
BuzzFeedJapanは元朝日新聞デジテル編集部の人が編集長となっていて、
朝日新聞のでっち上げ記事を既成事実化させるためのインチキ記事
なんてのも時々みかけられます。

ちょうど昨日、そうした記事があったのでピックアップしておきます。

【なぜ「道徳」で問題ばかり起きるのか? 江戸しぐさ、パン屋NGに共通する背景】
2018年度から小学校で、これまでの「道徳」が”格上げ”され「特別な教科 道徳」に変わる。いじめなど現実の問題に対応できていないことが理由だと文部科学省は説明している。ところが、道徳の教科書を巡って現実に起きているのは、パン屋を登場させた教材は「郷土愛不足」、和菓子屋に変えるとOK、というなんとも瑣末な話だ。なぜ、こんな問題が起きるのか。【BuzzFeed Japan / 石戸諭】

中身の議論がない
道徳の教科化というのは安倍晋三首相をはじめとする、保守派の悲願でした。とにかく教科にしたいという思いはあった。ところが肝心の『道徳』の中身を議論していない。だから現場は混乱するんです」

BuzzFeed Newsの取材にそう語るのは、在野の歴史家であり、『文部省の研究』(文春新書)でここ150年の教育史を検証した、辻田真佐憲さんだ。

教科化の経緯はこうだ。2013年、安倍首相直属の教育再生実行会議が、大津市の中学生がいじめをうけて自殺した問題をあげ、いじめ防止策として道徳の教科化を提案した。

その後、文科省の専門家会議、中央教育審議会などでの検討を経て、教科化が決まった。

「特別の」としているのは、国語や算数と違って数値での評価はしない教科という意味である。評価は記述式でされる。来年度の開始にあたり道徳の教科書作りが始まったのだが、混乱は早々に起きた。

「パン」では郷土愛が育めない?
道徳の教科書で「パン屋」を登場させた物語に、文科省の審議会から意見がつく。

「『我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つこと』という内容項目について考えさせる内容になっていない」。文科省の担当者は趣旨をそう解説する。(毎日新聞)

この教科書会社は「パン屋」を「和菓子屋」に修正して、教科書検定はパスすることができた。

「郷土愛とは何か、愛国心とは何かを議論して、詰めていないから表面的な話しかできない。パン屋がでてくる物語では郷土愛を育めないけど、和菓子屋さんなら育めるってどういう理屈なんでしょうね」(辻田さん)

~以下省略~
(2017/5/20 BuzzFeed Japan)


以前に当ブログでパン屋の件は取り上げました。
http://ttensan.exblog.jp/24156545/

結論から言えば朝日新聞のインチキ記事だったわけですが、
朝日新聞の捏造記事を守るために、
変態新聞はこの毎日新聞の記事が単なるいつものトリミング報道であることをごまかして、
この記事を事実という前提にしてさらに記事を書きました。

BuzzFeed Japanの今回の記事はその変態新聞の記事をさらに引用した形で
朝日新聞 変態新聞 BFJという3つでソースロンダリングを行って
朝日新聞のフェイクニュースを既成事実化させようとしている形です。

朝日新聞は以前はよくニューヨークタイムス東京支局(朝日新聞本社内にある)の記事として
自分たちが誘導したい方向へと記事を作らせ、
それを輸入した形に見せかけることでソースロンダリングを行うということがよくありました。

最近では週刊朝日なども使って行っています。


加計学園の文書の問題も
17日に玉木雄一郎が国会で提示したものと朝日新聞が記事にしたもの
全く同じものでなぜか福山哲郎がよく使うフリップと同じ段落分けとフォントでした。

そして民進党が国会で騒ぎ始めたのを使って今度は文書がどうたらこうたら。

ネットで発言者も作成者も作成部署も日時もないのはおかしい。
○で書き出したりしない。
お役所の書類でフォントがゴシックなんて見たこと無い。

等々ツッコミが入ったところ、翌日18日に
朝日新聞はこれらのツッコミに対応してアップデートされた新たな文書を入手して記事にしました。

これだけでも文書が捏造だと認めるようなものです。

ですが、マスゴミはこれを引用したりした議員の発言などを孫引きしていくことで
大本のソースへの確認が難しいようにしていって既成事実化するのです。

特に日本ではクロスオーナーシップによって
新聞、テレビ、ラジオが同一グループ企業という形で
都合の悪い報道はしないどころかお互いに引用しあって、
フェイクニュースを既成事実化させていく形を取ります。

クロスオーナーシップについては規制すべきでしょう。

あと、気をつけよう BFJも 朝日新聞。です。


昨日の記事をアップしたあとに書き忘れたと思ったので書いておきます。

仮にあの内部文書が本物だったとしても
安倍首相は特区の整備を急がせただけのことであって
なんら違法性はありません。

玉木雄一郎やら捏造報道ステーションやらが文科省の個人のPCの個人データまで調べろ
的なことを言っていますが、
そんなものは捜査令状がなきゃできない話ですし、
テロ等準備罪でプライバシーがーとか言ってたくせに、
違法でもなんでもない案件で法的根拠無しに
「個人PCの個人データまで調べないのはおかしい」
という主張ができるあたりやっぱり頭が湧いています。

ちなみにユアタイムで別所哲也に違法性が無いことを突っ込まれて
玉木雄一郎が違法性が無いことを誤魔化そうとしたものの
結局違法性がないと認めてしまっているので
そのやり取りの動画を紹介させていただきます。


別所哲也
「玉木さん、別所と申します。あの質問なんですけど、これ文書が見つかったとして、どこに違法性というものを感じているんですか?そしてどういうところが捜査対象になるんですかね?」

玉木雄一郎
「はい、質問に立った際にはこの加計学園のことを聞こうと思っていましたが、朝日新聞の朝刊(にあの怪文書が)がその日出ることは全く知りませんでした。私が聞こうと思っていた事はですね、文書があるとか、審議があるとかどうこうじゃなくて、2015年の閣議決定、特区として認めるけども獣医師は十分たりているという・・・」

別所哲也(露骨に話をごまかしにかかっている玉木にしびれを切らして途中で割り込む)
「文科省のどこに違法性があるんですか?玉木さん。どこに違法性があるんですか?この文書が見つかって。」

玉木
「民進党としてはかけい学園はですね・・・)」
(※図星を突かれて慌てたのかかけいがくえんと言っている)

別所
「どこに違法性があるんですか?民進党として何を論点にされようとされているのですか?」

玉木
「2015年の閣議決定違反が行われてるかどうかです」

別所
「2015年?」

玉木
「2015年の閣議決定で特区では従来とは違う教育をするという、これが満たされているかどうか」

別所
「それが満たされてないと何か違法性なものが発生するんですか?」

玉木
「いや、違法性はありません。閣議決定違反かどうかです」


あの中二病丸出しの幼稚な文書がたとえ本物であったとしても、
安倍首相が特区の整備を急がせたというだけであって、なんの違法性もありません。
ましてや今治市も愛媛県も長年に渡って誘致活動をしてきたのであり、
民主党も江田五月や江田五月の秘書だった高井たかしらが
積極的に今治への大学誘致を国会でも働きかけてきました。

民進党の連中は
「総辞職だけでは足りない、議員辞職もしなければならない!」
と今回の件で安倍首相を批判していますが、
それなら与党よりもずっと以前から誘致活動をやってきた
民進党の複数の議員たちをまず今すぐ議員辞職させてから言ったらどうでしょうか?

地方の声を国政に届ける国会議員として、
地元の声を政治に反映するよう求めた事は絶対に許されない悪事で議員辞職しなければならない。

と言っているわけですからね、民進党の連中は。


また、玉木は父や弟が獣医師で父は香川県獣医師会副会長という立場であり、
自身も獣医師会の族議員として獣医師の利権を守る側にいます。

そのため、二言目には
「獣医師は足りているのに獣医学部を設置するのはおかしい!」
と繰り返し主張しています。

獣医師は都市部や東日本に偏在しており、
特に四国には獣医学部が無いこともあって
高知県などは獣医師不足をずっと訴えてきました。

また、獣医師と言っても昨今のペット人気で増えている動物病院というものもあれば、
家畜の繁殖や防疫の研究だってやっているわけです。
宮崎で起きた赤松口蹄疫災害の時はまさにその西日本の獣医師不足を露見させました。

玉木雄一郎は獣医師会族議員として、
「獣医師は足りている。加計学園は160人もの定員がありただでさえ獣医師が足りているのに定員も多すぎる」
と主張しています。
あくまでも獣医師会の族議員として
獣医師会から政治献金を貰っている人間として、
現在の獣医師不足を利用して獣医師の差配を利権化している連中のために
獣医学部の新設を阻止するためにそういうことを主張しているだけです。

そして森友でもデマを撒いて政局に利用する事が出来ているからと
今治の獣医学部新設を潰そうという魂胆で文書をでっちあげてきたのでしょう。
だからこそ「文書なんてどうでもいい」なんて平気で言えるのだと思います。
唯一の証拠であるはずなのに。


民進党とマスゴミは長いこと自民党を批判するツールとして族議員批判を使ってきました。

別にブログ主は族議員について良いとも悪いとも思いません。
ある意味で彼らの立ち位置がはっきりしているのですから。

それになんのしがらみもありませんとか言ってる新人候補(民進党に多い)なんて
つまりは「なんのコネもないです」と言っているのと同じです。

たとえば農水族議員として知られた江藤隆美は
口蹄疫発生の際にそのネットワークをフル活用して
被害を最小に押さえ込んだなんてことがあります。

要はどのような立ち位置であれ、それを活かせるか殺すか、その人物次第なのです。

一方で民進党はずっと族議員批判をしてきた政党でもあります。

そしてまさに獣医師学会の族議員の玉木雄一郎が、
獣医学部の新設を潰しつつ政局に利用しようと偽書を使って、
違法性がなんらないのに扇動をしているのは許しがたいものだと考えています。

テレビに出ると聞かれもしないのに
「以前から加計学園の獣医学部の問題に取り組んできた」
というようなことも玉木雄一郎は主張しています。

この問題を追及してきたということをアピールしているのでしょう。

では「以前から取り組んできた」というのはどういうことかと言いますと、
こちら平成27年6月22日の日本獣医師会総会から。
d0044584_4452225.jpg

http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06808/a2.pdf
皆さま,こんにちは.ただいま紹介いただきました衆議院議員の玉木雄一郎です.
私も毎年お招きをいただいており感謝を申し上げますが,父も獣医師,弟も獣医師,私だけできが悪かったので政治家になったということでして,今日はお招きをいただき,仲間の一人に加えていただきまして本当にうれしく存じます.
もう長く話しませんけれども,先ほど,与党の先生方からも話がありました,私は今一番心配しているのは,この特区の話でありまして,特区の問題は四国の,実は問題でもありまして,私は香川県の出身でありますので,この特区問題については従来より心配をしておりましたが,斉藤先生もライオンの乳を飲むがごとくとおっしゃったので,大丈夫かなと思いますが,このような教育の分野,あるいは医療の分野は,そもそも特区として,地域の例外を作り,進めるべき話ではないと思います.
もし,おかしな方向に向かいそうになった際は,しっかりと止めることもわれわれの責任と思っておりますので,十分な監視もしていきたいと思っております.

与党の先生方なんて言っています。
与党側の獣医師会族議員も獣医師会から
獣医学部の新設を阻止しろという陳情を受け続けていました。

この会合に出席していた公明党斉藤鉄夫の発言から一部取り上げます。
d0044584_4453553.jpg

昨年,11 月 11 日に,この議員懇話会,会合を持ちまして,藏内会長をはじめ,獣医師会の幹部の方々に出席をいただき,わが党も党の幹部が勢ぞろいをいたしまして,要望をお聞きしたところです.
1つは,今,獣医師教育改善の途上にあるのに,それに逆行する特区構想による獣医学部の新設,これを何としても阻止してほしい.

自民党の北村誠吾議員なども出席し、やはり獣医学部新設について批判的な言及をしています。

日本獣医師会が獣医学部新設を阻止するために
各政党や各省庁などに働きかけていたためです。


2015、16年に民進党の高井たかしが国会で
この四国の獣医学部設置を強く働きかけていたわけですが、
この特区構想そのものはそれ以前からずっと今治市が働きかけてきたものです。

安倍内閣になってから本格的に話が進み始め、
それを察知した獣医師会が族議員達を通して、
獣医師会の利権のために獣医学部の新設を阻止するように求めていたわけです。

そして玉木雄一郎も獣医師会の政治団体から献金を受けています。

ですので、獣医師会の族議員である玉木雄一郎として、
なんとしても今治市の獣医学部設置を阻止しようと考えていたので
「以前から取り組んできた」
と聞かれもしないのに言っていたわけです。

長くなったので整理します。


■文書について■
・最初の文書はなぜか民進党の福山哲郎が使っていたフリップとそっくりな書式だった。
(○を段落頭に付け、フォントはゴシック体)
・お役所の文書では考えられないフォーマット
・作成者、日時、指示者、作成部署等々特定させる情報が一切無かった。
・文章が稚拙で文章作法に煩い霞ヶ関の文書ではありえない文面

・以上のこと等々をネットで指摘されまくったら翌18日に朝日新聞がこれらの指摘を大きく反映させてアップデートさせた文書を新たに出してきた。

・最初の文書を手に入れた民進党は「出所は明かせない」と主張
・玉木雄一郎はこれは間違いなく行政文書、公文書だから破棄は許されないと主張。

・文科省が18日に朝日新聞が新たにアップデートした文書にある名前などを元に可能性のある職員を調査。
→該当する文書の存在確認出来ず。

・玉木雄一郎はなぜか文科省の調査に対して
「文科省の職員個人のPCの個人用フォルダにあるはずだから探さないのはおかしい」
となぜか在処を知っているような反論。
(なお、そもそも公的な文書としての体をなしていない文書だが、公式記録に無く、個人PCの個人用フォルダにしかないデータならそれは公文書ではない。)

・文書の不備をネットでも指摘されまくってるためか、
唯一の証拠であるはずの文書について追及されると玉木雄一郎はすぐに
「文書などどうでもいい。獣医学部設置が違反だ」という話を始める。

・そもそも文書の内容自体がすでに決まった特区設置の整備を急がせているだけで
そこにはなんら違法性はない。


■今治市の獣医学部設置について■
・愛媛県と今治市は特区構想に対してこの10数年で15回も設置を求めて申し込んできている
(なお、MBSが京都産業大学が認可されず加計学園が認可されたのは安倍の友達だからだというインチキ報道をしていたが、そもそも京都も京都産業大学はこの特区への申し込み0回である。愛媛県と今治市が長年の努力でこじ開けた成果を横から掠おうとしただけ)

・民進党の江田五月とその元秘書の高井たかしなど一部の民進党議員が誘致を働きかけ続けていた。

・獣医師は足りているというのが獣医師会とその族議員やお仲間の主張であるが、
獣医師は都市部や東日本に偏在していて、特に中四国から九州にかけては不足を訴えている。

※なお、今治市がどれだけ獣医学部設置に努力してきたかは
こちらの今治市公式HPにあります。
なんとここに記載があるだけで20数回も政府や省に申請をしているのです。
(さらにそれぞれの申請でも却下されるたびに繰り返し食い下がっています。)


■獣医師会と玉木雄一郎■
・獣医師会の利権を守ろうと獣医師会は一貫して獣医学部の新設を阻止してきた。

・今回の今治への設置の話を早い段階から入手していた獣医師会が
各政党の族議員や各省へ獣医学部設置を阻止するように働きかけてきた。

・玉木雄一郎は獣医師会の政治団体から献金を受けている。

・玉木雄一郎は父と弟も獣医師であり、父は香川県獣医師会副会長で玉木自身も獣医師会族議員。

・玉木雄一郎自身が獣医師会の会合で獣医学部新設を阻止する旨のスピーチをしている。


玉木雄一郎こそ責任を取らなきゃならない立場でしょう。
これだけやって責任を取らずに済ませるわけにはいかないと思います。


↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓