在日同胞は息を殺して生きなければならない?

 朴大統領の弾劾騒ぎが起きるまで、日本のマスコミは韓国国民は親日だと言い続けていた。反日をしているのは韓国政府と韓国メディアであって韓国の人たちはみんな日本が大好きなのだという。頭の悪い私などは、韓国国民が親日だというなら、じゃ、誰が反日政治家ばかり選んで、誰が反日メディアばかり見るのだろうと不思議に思っていた。その謎が解けないまま、今度は慰安婦像を巡る最近のごたごたの原因は全部親北勢力のせいだとか言い始めた。確かに挺対協などの親北勢力が動いているのは確かだが、じゃ、つい先日まで韓国国内に溢れていたという親日の韓国国民はどこに行ってしまったんだろう、親日の韓国人達はなぜ慰安婦像を撤去しろとロウソクデモをしないのだろうと、新たな疑問がわいて来た。

 そんな不可解な報道が続くなか、今度は日本の民団が慰安婦像撤去を主張したというニュースが飛び込んできた。なんでも都内で開かれた民団の新年会で呉公太団長「(日韓)合意が履行されずに再び両国関係が冷え込み、私たち同胞はまたも息を殺して生きなければならないのか」と切々と述べたらしい。これを日本のメディアは大絶賛。産経新聞までもが1月14日の産経抄で「ところが、こんな在日同胞の悲痛な訴えは母国には届かないか無視されている」と書き、同じ日の社説では「慰安婦像撤去に抗する韓国の人々は、日本国内の同胞が苦悩していることを知っているか」とまで書く始末。

だが、ちょっと待って欲しい。
そもそも在日の人たちってなんか日本のために尽力していましたっけ?慰安婦問題で日本側に立って発言してましたっけ?
私の記憶が正しければ慰安婦を題材にしたトンデモ映画の「鬼郷」の応援をしていたように思いますけど。
日本で行われている水曜集会とかにも関わっていたような気もしますけど。
というか、慰安婦だけじゃなくて、いろんなことでやりたい放題してません?
例えば神社・仏閣にに油まいたり、窃盗や強姦で捕まったり、ヘイトをやめろと喚き散らしたり、入れ墨ちらつかせながら中指立てて仲良くしようぜと言ってみたり。
「息を殺して生きなければならない」とか心配する人たちの態度ですか?


応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング